2016年11月16日 (水)

特捜部最後の淀川捜査報告

 

2016100103_2

特捜部最後の捜査報告、9月の淀川大ボイル捜査。

 

今年の9月、淀川で起こった鱸のボイル。

 

Day 1

秋雨前線や台風の影響で増水状態が続いた今年9月の淀川。

大堰は両端のゲートは下に下がって開くが、真ん中のゲートは上にスライドして

ゲートの下から水を流すようだ。

このときは全開放で、真ん中あたりの対流は巻き込まれたら、二度と帰れないような渦巻き状態。

上流の水量計は通常よりも2m以上水位が増えている。

本当はこの状態が一番魚の活性が上がっており、釣果だけを考えれば絶好のチャンスだが

そこは上流の降水と流量が下がるのを見極めてから深夜にエントリーした。

普段水位が低いと流れもほとんどなく、一様にべったりと下げの流れが起きる淀川だが、

ここまで増水すると、岸際のちょっとした出っ張りがアクセントになり、かなりきつめの流れの筋が出来たり、

ヨレが出来たりする。このときの流れの速さは通常の3倍速くらいだった。 

 

で、その流れの筋とヨレのある場所で、「バコッ!」と何かの魚の捕食音が頻繁にしていた。

しばらく観察していると、あっちで「バコッ!」、こっちで「バコッ!」と頻繁に起きる。

ライズではなく明らかに捕食のボイル音。

ボイルの起こる場所は、すべて流れの筋が速まっている場所か、その下流の流れがヨレル場所か、または

その両脇の流速差のあるところで起きている。

流れのアクセントのない場所では起きていない。

 

 

ボイルの正体はほぼシーバスと思われる。サイズ的には50cm~60cm位だろうか。

よく清流捜査で真っ暗闇の川から、大きな音で「バコンッ!!」と80サイズの鱸のボイル音を聞く事はあるが、

あっても単発ボイルで、この場のボイルは半端ないくらい多い数の魚のボイルであった。

だいたい1分に2~3回のボイルが発生している。しかも朝までずっと。

おそらく台風の増水で流されている小魚をシーバスが捕食しているのであろう。おそらくハクかイナっ子か何か。

 

もうこれは釣れたも同然と、その日の手持ちルアーのケースから表層系ミノーを取り出して流していく。

 

 

2016100222

その日のルアーケースの再現はこんな感じだったが、

とりあえずいつものコモモから流していくと、開始早々良型がヒットする。

目の前に魚はいてるので釣れて当然と、続けてキャストするがその後が続かない。

コモモ・グース・F-VMと流していくが反応はなし。

シンペンでレイジー8Sや95S・ヨレヨレを流すもこれも反応なし。

少し潜らせてタイドミノースリムやログサーフ・サスケなどを流すもこれまた全く反応がない。

反応がないどころか、ルアーのすぐ横でボイルしたり、足元でボイルしたり、両端で同時にステレオボイルしたり、

完全にルアーを見切っている感じだ。

トップ系のルアーやワームを持っていなかったので、それ以上ルアーチェンジをすることも出来ず、

同じようなルアーをカラーを変えたり、流す速さを変えたり、トレースコースを変えたり、あの手この手で

試してみるが、これも全く反応がなかった。

最初の一本だけは喰ってくれたが、その後反応なく時間だけがむなしく過ぎていく。

しかし、ボイルは相変わらず目の前足元で頻繁に「ボコボコ」と出ている。

全くなすすべがない。

 

深夜から途切れることなく続いたシーバスのボイルだが、夜明けと同時にそれも消え、静かな淀川に戻った。

シーバスは目の前にいて、何か小魚を喰っている。しかしルアーには反応しない。

海のサヨリやイワシパターンではよく聞く話だが、現に増水した川でそれが起こっている。

ベイトは何なのか。

よく分からないまま一日目の捜査は終了した。

 

Day 2

 

2日目も深夜にエントリーすると、昨夜と同じ水量でボイルも同じように出ていた。

今度はルアーを総動員して持ち出す。

川をライトで照らして確認してもベイトの正体は分からないがおそらくハクかイナっ子。

なのでルアーも小さいサイズからワームからトップのペンシルから、考えられるものはすべて持ち出した。

 

2016100223_2

キビレ用のトップのペンシルやマニックやノーシンカーのジャスターフィッシュなど、これだけ準備すれば

表層を偏食している鱸はどのルアーかを喰ってくれるだろう。

 

捜査2日目、表層系で小型のルアーを追加して捜査開始。

流れもボイルも昨日と同じ状態が続いていることを確認する。

あっちで「ボコッ!」こっちで「ボコッ!」の状態。魚の活性は落ちていない。

 

ボイルしているシーバスが何を捕食しているかは分からないが、おそらくイナっ子かエビか

淡水魚の稚魚であろうからそれに似たルアーを補充した。

自分の思惑では、おそらくジャスターシャッドのノーシンカーの流しメソッドか、

マニックフィッシュの表層ただ引きで喰ってくれるだろうと予測。

またはトップ系のペンシルのどれかだろうと、それらのルアーを順番に流していく。

が、今日もルアーに全く反応しない。 

いろいろ考える。ひょっとしてシーバスではないの?とか、田んぼにある浮き草に反応している?とか・・・

そんな中、やっと一尾ルアーに反応した。 

 

2016100213

 

50cmくらいの小型サイズだが、喰ったルアーはエスフォー90mm。

何で効いたのか分からないが、とにかくエスフォーに反応した。

エスフォー、何個か持っているがX-CROSSやクロスウェイクの陰に隠れて出番の少ないルアー。

飛ばないのがその原因だが、アクションは元祖表層ウネウネアクションで、いい感じで泳いでくれる。

タックルベリーで300円~500円でたたき売りされている方が有名か。

シンペンやトップには反応せず、エスフォーに反応してきた。

水面直下1cmのウネウネアクションでラトル音も心地いい。

重心移動はグースと同じで遊動重心、ウェイトがコロコロと前後に移動する。

再現性があるかどうかだが、流れもボイルも状況は変わっていないので、

別のルアーにローテーションしたり、またエスフォーに戻したり、同じレンジとアクションの

X-CROSSを投入してみたりした。

 

2016100214

 

ボイルが止まないなか、1時間に1ヒットの割合で魚はルアーに喰ってくる。

おそらく目の前の水中ボトム付近にはシーバスが数十匹いて、上流から流れてくるベイトを待ち構えて、

それが流れてくると一気に水面まで浮上して捕食しているのであろう。

ボラや鯉の様に宙層を悠々と泳ぎながら捕食するのではなく、ボトム付近で警戒心を持ちながら

ステイしている。そんな感じなんだろう。

 

2016100105

 

サイズは60センチ台が多く、それ以下もそれ以上の大きさもいない感じ。

やはり反応してくるのはエスフォーのレンジ。

2016100106

 

エスフォーとほぼ同じレンジでアクションのX-CROSS 95 SSR-Fにも同じようによく反応した。

ルアーを流れに乗せてダウンに入ったところで、バタバタアクションが強くなって、そのまま

流れの脇にルアー差し掛かったところでバイトしてくる。

このバイトパターンはほぼ同じ。 

2016100215

 

 

エスフォーのカラーを変えて流すとまたバイトしてくる。

それでもあたりで起こっているボイルの数からすれば、もっと釣れてもいいはず。

 

2016100216

 

 

CRONATS67などのトップルアーにも反応はするが、ルアーははじかれるだけで

フックイングに至らない。

潜るルアーには全く反応せず。

水面下1cmから3cmを泳ぐルアーにだけ反応する状態。

2016100217

 

 

1時間に2~3匹のヒットが続く。

たまに70弱のサイズのも掛かってくる。

2016100208

 

 

エスフォーのタングステン仕様もスチール仕様も飛距離はそんなに変わらない。

以前は全然飛ばないので自分の中では落第ルアーとして位置づけていたが、

最近のロッドやラインの性能がよくなったせいか、そんなに飛距離がないとも感じなくなった。

これは他の飛ばない系ルアー全般にいえるのでないだろうか。

 

2016100219

 

 

もう一つ反応したルアーがCooの70F

これも潜航深度が5cm~10cmのペンシル。シンキングペンシルではなくフローティングペンシル。

ありそうでなかったジャンルのルアーだ。

 

2016100211

 

 

デカサイズのもヒットしだした。なんだかんだで10数本程度釣れたであろうか。

が、まだ周辺のボイルは止まらない。

夜明けまでの数時間、いろいろルアーをローテーションしてやってみたが

反応したルアーは

エスフォー90mm

X-CRROSS 95

Coo 70F

この日だけはエスフォーによく反応したといえる状況だった。

 

Day 3

 

3日目は水位も減ってボイルの数も減っていたが、それでもまだボイルは止まっていない。

エスフォーで釣れるには釣れるがサイズは小さくなってくる。

ボイルの音も小さいサイズのものばかりだ。

 

3日間続いたシーバスのボイル、そのベイトの正体はいったいなんなんだろうか・・・。

 

と、釣った魚が喰っていたベイトを吐き出した。

 

2016100101

これは!

 

ボイルのベイトの正体は

 

2016100203  

ギル稚魚だった。

ハクかイナっ子かと思っていたが、台風の増水で上流のワンドからなかされてきたギル稚魚。

これは意外なベイト。

おそらく急な増水で表層を泳ぎながら流されてきていたのであろう。

ギル稚魚とエスフォーとの関係は分からないが、魚が偏食しているときはこんなものかもしれない。

 

2016100220

マッチ・ザベイト では、なくマッチ・ザ・バイト。

魚の捕食パターンにあわせるというのはおおのゆうきの言葉だったか。

 

淀川特捜部、一つ賢くなった。

これで淀川特捜部の8年間の捜査はすべて終了した。

完。

淀川鱸特捜最前線アーカイブ

 

 

 

 

2016年10月22日 (土)

満月澄み潮の淀川捜査

2016102101_2 

バイブレーション、LV-300R ラトルインタイプのバイブレーションは喰わす力が強い。

LV-300はホームページのカタログからは消えているが、中古屋釣り具市場ではどこへ行っても300円程度で

大量に吊るされているのを見かけるので入手も安心だ。。

透けたボディーから確認すると、ラトルもスチールにブラス・ガラスとマテリアルにはこだわっている。

LV-500もよく使うが、これは少し乱暴に扱うと、すぐに浸水してラトル音が「ジュルジュル」

鳴り出すが、LV-300は頑丈に出来ており、少々ぶつけても壊れることはない。

 

ラトルインのバイブレーションは喰わす力は強いが、その分スレルのも早い。

ミノーやシンペンで反応がなければ、最後はバイブレーションを投げることになるが、ラトルなしか

ラトル有りか、どちらにするか迷うが、もうこれで釣れなければ終わりにするようなタイミングでラトルインを

投げ倒す。

 

2016102102

基本、バイブレーションはリアクションバイトだと思う。

目の前に突然バイブレーションが現れると、反射的に口を使う。

人間も自分の胸の前に、ポンとキーホルダーなんかを投げられると、ほぼ確実に手で受け取ってしまう。

そんな感じか。

 

この日は大潮だが満月の明かりがぎらぎらまぶしく、濁りもないので魚はみんな静かにしている。

当然スズキも活発にルアーを追うことなくじっとしている。

ミノーを頭の上に流しても反応しない。

そんなときはラトル音の騒がしいバイブレーションを、魚の顔の前に素早く通してやると思わず口を使う。

静かにしている魚を無理やり起こす必要はないかもしれないが・・・。

 

2016102103

とりあえず木の葉タイプのバイブレーションが中古市場で安く大量に出回っているので、

それらを使わない手はない。

300円や400円のLV-300やLV-500、それとTN/70にTN/60も500円でないこともない。

それぞれラトルありなしや、ラトルマテリアルのバリエーションも豊富。

バイブレーションは根掛りでロスすることも多いし、橋脚などにぶつけて破損することも多々ある。

だから千数百円する新品のソルトバイブを買わなくても、安くて充分釣れる木の葉型バイブで

魚釣りは楽しめる。

それに中古屋のソルトバイブはなぜかボロボロになったものしか置いていない。

 

淀川特捜部の中古屋ルアー捜査は続く・・・。

 

 

2016年10月16日 (日)

淀川秋鱸捜査 そろそろ月明かりが気になる・・・

2016101402

70少しの綺麗な魚体のナイスサイズの淀川秋鱸。

前回の釣行で大型の鱸が釣れたので、おそらくこの潮でそれと同じサイズの個体が入ってきてるはずと

深夜の淀川を捜査する。

 

最近の淀川は水量は少ないが大堰がぎりぎり開放しているので、下げでなくてもまあまあの

流れはある。

狙う場所は流れの筋とよれ。

幅広くて変化のない淀川だが、潮位のタイミングでちょっとした流れの筋ができて、

その脇にはヨレができる。

鱸はそのヨレの場所にステイしている。

ほとんどフラットな地形の淀川だが、だからそんなちょっとしたヨレに魚はステイするのだろう。

 

 

ルアーケース2個の中には、使わないけどルアーがガッサリ入っている。

淀川で使うルアーはミノーだとほぼ決まっていて

X-CRROSS 95SSR-F

グース125F

旧コモモSF-125F

F-VM

の順番で、

魚の反応がないと、少しサイズを落としたシンペンで

レイジー8Sやヨレヨレミニなどを流す。

本当はリップ付の90mmミノーを使いたいが、飛距離を重視するとやはりシンペンの出番となる。

 

でも動きはブリブリでリトリーブはゆっくりのルアーとなるとリップミノーが欲しくなる。

 

サクラマスミノーのリッジ90Fでのヒット。

2016101401

 

ジップベイツのリッジだが、会社の母体はバスデイなのでそのへんは安心して使える。

黒金信者の自分なので、黒金カラーのあるルアーが、何故かソルトルアーにはほとんどなく、

バスルアーかサクラマスルアーにはたくさんあるので、このルアーを好んで使っている。

ソルトルアーで黒金カラーを探すと、K-TEN2ndシリーズかリードのラブラ、そしてグースくらいしか

見当たらない。

 

夜に釣りすることが多いので、ルアーカラーは白ベースの使用が多い。

でもある条件では黒金カラーを使いたいと思うときがある。

シルバーホロに黄色のマジックを塗れば即席で出来てしまうか・・・。

 

90mmリップミノー、もう少し手持ちの種類を増やしてもいいかと思う。

 

2016101403

淀川特捜部のルアー収集は終わらない・・・。

 

 

 

2016年10月12日 (水)

淀川秋鱸捜査 80サイズも現れる

2016101101 

魚の頭が見えたときは、これはでかいか!と思わせたが、お尻すぼみのスリムな下半身。

でも83センチくらいはあるだろうか、立派な淀川秋鱸。

ルアーはK-TEN K2F 122のMSリップ。 

  

今週は秋の空気に入れ替わり、めっきり涼しくなった。気温が下がって、それにつられて水温もだんだんと下がってくる。

この日は潮周りはよくないが、下げ止まり前のタイミングでエントリーする。

 

普段、川ではめったに使わないタックルハウスのK-TENシリーズ。

どちらかといえば、そのウエイトの重さやサイズと飛距離などから、風の強い外洋や冬の激荒れ

パターンで出番の多いルアーだ。現に先シーズンの激荒れパターンでは大活躍してくれた。

K-TENのSECOND GENERATIONシリーズは、どちらかといえば固めのキャスティング

ロッドでの打ち込みに適したコンセプト。

MLやMアクションの9ft以下のシーバスロッドでは投げにくいと思う。

静かに投げるルアーではない。

 

 

2016101102

 

冬場にしか出番がないのも寂しいので、大型鱸が釣れ始めるこの時期に、早速投入してみた。

 

このルアーのよさは2本フック仕様であること。

やはり理想のフッキングは前後2本のトレブルクックが、口の中にきちんとフッキングしてくれること。

先日のF-VMも同じような感じだった。

 

それとリップ形状が2タイプあること。

T:1とT:0.8。テンション0.8はリップを若干立てぎみにして、ウォブリングの動きを強くした

ミッドシャローモデル。

スイムレンジは少し上がって、こちらのほうが川などでスローに引きたいときは

ルアーのスイム感覚が掴み易い。

 

 

2016101103

K2Fの144のリップ形状はT1とT2の2種類があり、T:2タイプはリップ角度を少し立たせて、

引き抵抗を上げたモデル。

T:1の引き抵抗は軽いので、どこをどう泳いでいるか掴み難いが、T:2タイプは引き抵抗も

大きく、夜中のリトリーブではスイム感覚をつかみやすい。

K2Fシリーズ、また今シーズンも冬の激荒れパターンで活躍してくれるだろうか。

 

 

 

 

2016年10月 4日 (火)

淀川秋鱸捜査 60~70がアベレージ

2016092701

台風や秋雨前線の影響でここ最近は安定して水量の多い淀川。

旧コモモSF-125Fの2本フック仕様にナナマルサイズの鱸がヒットした。

 

最近の淀川は濁りも程ほどに入っており鱸の活性も高い。

淀川の水は上流の琵琶湖あたりに降った雨が、何日かのタイムラグを経て、何日か分の

まとまった水量となって流れてくる。

琵琶湖がドチャ濁りだと、淀川は安定した濁りが続くので釣行も余裕を持って出かけられる。

大堰が開いているかどうかを確認する必要もなく、そのまま現場に直行できる。

 

 

淀川も秋になってサイズの大きい固体が入ってきているようだ。

いつものようにだだっ広い淀川の流れの中にある筋を探しながら、その筋の脇についているであろう鱸を

シャローミノーを流して探していく。

 

最近試しているのが3本フックのロングミノーの2本フック仕様。

鱸がルアーを吸い込むときに邪魔になるテールのフックを外し、できるだけ2本のフックが口の

中だけにフッキングするようにして、フックの伸びによるバラシを減らそうとするもの。

ルアーによってはバランスが変わったり、逆にフッキングが悪くなったりと一様にはいかない。

しかしテールフックを外すことで、自分が求めるアクションができあがりもする。

それはスローに引いてもテールを大きく振ってくれる動き。

自分の釣りにはこれが一番重要な要素で外せない。

 

 

2016092703

これも70はないがいいサイズの鱸。

125mmミノーの2本フック仕様で、理想のフッキングがハーモニカフッキング。

2本のトレブルフックが口の中の両側にフッキングすればバラシも減るはず。

前回のF-VMのフッキングのように、このモモもも2本がフッキングしたと思ったが、

1本はあごの下だった。

 

 

秋鱸はいつものガリガリ鱸らしくないデップリと太った個体。

 

淀川でこんな綺麗な鱸が釣れるのは本当嬉しい。

 

2016092704

2本フック仕様にしても、実際は口掛かりがしないことも多い。

口掛かりしないで下顎付近にフッキングすると、皮膚が柔らかいのかエラ洗いで皮膚が裂けて

フックが外れる。外れたフックはまたどこかにフッキングする。

写真は前のフックがカンヌキに掛かっているのでキャッチまで至ったが、

両方のフックが口の外に掛かった場合、ファイト中にフックが外れることが多い。

 

別の写真も、やはりフロントフックは口のカンヌキにきっちりフッキンぐしているが、

フッキングしなかった真ん中のフックが、ファイト中に顎やら鰓にかかって、それが外れたり

またかかったりしている。

生々しい傷になっている。

 

 

2016092705

 

いずれにせよ125mmミノーがすっぽりと口の中に納まるには、それ相当に口のサイズの大きい鱸が

喰い付いてくれるしかないのだろう。

 

 

鱸は流速差のある場所の流れの遅い場所にステイしている。

そうしていると上流から小魚などが流されて自分の近くまでやってくる。

餌だと認識すれば喰ってくる。

そんな感じだろう。

最後にもう一本鱸サイズの魚がヒットした。

 

2016100210

 

 

 

秋鱸淀川捜査は続く・・・。

 

 

 

2016年9月13日 (火)

DETA!?

2016090303

 

なかなかでないTOPキビレ。

キビレがいるのかいないのかさえも分からない状態の淀川。

でもワームで釣れているようだから魚はいてるはず。

しかしTOPにはでない。

TOPは釣れるときは皆釣れるし連発もする。しかし釣れない時は皆釣れない。

トップに反応する条件が何かあるはず。濁りが水温か気圧かPHか・・・。

 

雨の水が入ってきて少し釣れだした情報が入ってきたので

来週あたりはTOP狙いで捜査をしたい。

というかもうフォトコン締め切りまで時間がない。

 

 

 

でもでも

川鱸はサイズは小さいもののルアーによく反応してくれる。

 

グース125Fを流れにあわせて流し込むと水しぶきが上がった。 

 

2016090305

クロキンカラーのあるソルトルアーがほとんどない。

フレッシュカラーではクロキンは定番だが、ソルトとなるとタックルハウスのKSFくらいか。

グースのメッキホロ金黒赤ベリーは大好きなカラー。

永く使えるように、ウレタンドブ漬けで弱いメッキを保護するのもいい。

2016090301

 

レッドヘッドカラーは全メーカからリリースされているが、真っ白や真パールカラーは

これもほとんどない。

 

コモモはパールカラーに決めて投げる。

 

 

2016090302

 

今シーズンここまでの川鱸は小型サイズが多い。

大型サイズはまだ入ってきていない感じ。

 

今週は川鱸か淀川TOPキビレか、秋雨前線も活発になってきたし、雨に期待してみよう。 

2016年8月18日 (木)

出たけど・・・

2016081501

DETA!!フォトフェスティバルが始まって、これでキャッチは5本だが、またまたフックが

口から外れてしまってノーカウント。フック外れは3本目になる。

ルアーはバタバタペンシルで、レアリスペンシル85。

このルアーはシーバスロッドでもリズミカルに首振りアクションを出せるので使いやすい。

 

 

この日は、前日に淀川上流部でまとまった雨が降ったようで、長柄橋を車で渡る時に

大堰を確認すると、少しだけ両側のゲートから水が流れ出していた。

これはチャンスと、今の水位で入っていけるシモリポイントをウェーディングで攻める。

この場所をキビレトップで攻めるのは初めてだったが、なんとかペンシルで1本DETA!!。

 

 

そしてもう1枚、43センチのデカサイズが、GoPhishのCPSW64[smash]にバイト。

2016081601 

 

一瞬よそ見をしていて、「バシュッ!」と、でかいシーバスの捕食音がルアーの方から聞こえて、

でもルアーにはヒットせず、そのまま3回ほどホッピングしたら後追いしてきて「グンッ」とヒットした。

さっきの「バシュッ!」音はこのデカキビレの捕食音だったのか。

これはなんとか口からフックが外れずに、フォトコンルールにセーフで3本目確保。

 

キビレのトップもいろいろ攻め方はあるが、今やっているのはとにかく騒がしく派手にルアーを動かすこと。

それに興味を持ったキビレのバイトを誘うことを考えているので、ルアーはペンシルなら

バタンバタン系、ポッパーならポコッ!ボシュ!音をリズミカルに出すことだけを考えている。

これは魚がスレルのも早いと思うが、やる気のあるキビレがいればすぐ喰うであろう。

 

でも今朝、十人以上が並んでペンシルを投げている現場で、誰もバイトがない状態で、

隣のペンシル使いの達人が、直立系サイレントペンシルで「誘いのポーズのワンアクション」で

足元で喰わせるのを間近で見てしまい、衝撃を受けてしまった。

いろいろやり方はある。

 

 

でも、一番感動したのはやっぱり自分のこれか。

 

 

 

 

レアリスペンシル85でトップシーバス。

 

 

 

2016081701_2

もう季節は秋かもしれない。

とりあえずフォトコンも規定には足りないが、6枚出たので終了して、これからは秋鱸に専念しようか・・・。

 

 

2016年8月15日 (月)

やっとDETA!!   DUO レアリス ペンシル85

2016081402

DUOのレアリス ペンシル85にやっと一枚。

 

2週間続いた朝練。朝まずめに1時間だけトッププラグを投げる。

しかし川のコンディションは最悪。

淀川は渇水状態が続いて流れは全くなく止水状態。

水温も30℃超えで、下流域では赤茶の腐った水、上流域はまだましだがそれでも水温は高く、

酸欠のためかセイゴやボラの屍骸が数多く漂っている。

河口域も上流域も魚はいるはずだが、活性が低くキビレがトッププラグをチェイスすることはない。

 

自分はこれまでポッパーを投げ続けていたが、この状況では派手なスプラッシュやポップ音には

なかなか反応しない。

他のアングラーは皆ペンシルを投げている。

どちらかといえば、バシャバシャ系ではなくスイスイ系のペンシルを。

サイズは90mm~100mmくらいか。

工夫しているアングラーは、フェザーフックをバイトマーカー代わりとしている。

おそらく派手なスプラッシュとポップ音には、今のキビレは警戒して口を使わないのを

皆知っていてのペンシルの選択なのであろう。

 

自分もすこしアクションのおとなし目のペンシルを投げるが、魚は無反応。

なかな現状を打破できない。

 

 

 

DUOのレアリス ペンシル85。

 

2016081401

 

ショップやネットでいろいろペンシルを物色して、これというのを発見。

DUOのレアリス ペンシル85。

 

 

大きさは自分の理想の90mm以下で85mm。重さは9.7g。

アクションはサミーのような切れのいいドッグウォークではなく、どちらかといえば

シャワーブロズ的なバタンバタン系。水がみは非常にいい。

しかもサイズは85mmでシルエット的にもちょうどいい。

9ft前後のシーバスロッドでもアクションをつけやすいので、自分のタックルにはいい感じだ。

ラトルインタイプなので、ドッグウォークさせるたびに大き目のラトルが「カチン!カチン!」と

リズミカルに鳴る。

おそらく、このリズミカルな首振りと「カチン音」が、キビレの関心を引いたのであろう。

思わず口を使った感じだ。

多分これは正解だと思う。

 

 

 

同じ様にラトル音はないが、9ftのシーバスロッドで水がみよくアクションをつけやすいのが

アイマのプガチョップコブラの60サイズ。

2016081403

このルアーではまだ釣果はないが、思ったよりも圧倒的な飛距離とアクションをつけやすい水がみのよさで

操作性はNo.1だと感じる。どんなにしゃくっても水面を割らない。感じとしては水面下ドッグウォーク的。

でもいちおうトップウォーターペンシル。

ただこの時期、低活性のキビレには少し役不足かもしれない。

 

 

低活性のスレたキビレ対策は、どちらかといえば小さめの静かなペンシルを選択したり、

フェザーフックでポーズをとって食わせの間を作ったりするのが一般的だが、

ここはラトル音でキビレの興味関心を集めて喰わすのが一番の方法かもしれない。

 

淀川キビレトップ捜査は続く・・・。

 

 

 

2016年8月11日 (木)

出ない!! ・・・捜査休止

2016072501

トップに出ない。2週間全くでない。

ワームにはくるので魚はいてる。はず。

 

 

ここ最近は雨が全く降らず淀川の水位も下がり、大堰のゲートも閉まった状態が続く。

キビレのフォトフェスタが始まるまでの淀川は、水量がかなりあって濁りもいい感じだった。

その時は上げ潮の時でも、川の水量が多いので常に流れがあって、キビレも高活性の

状態が続いていた。

ルアーもポッパーによく反応もしていた。

 

しかし今は、水温も30℃まで上がり、流れは全くなく、岸辺ではボラの死臭が漂い、

、トップのキビレアングラーの数だけは多いが、魚が釣れている雰囲気が全くない。

 

 

 

そんなこんなでキビレトップ捜査はしばらく雨待ちでお休みとする。

 

 

なのでこんな時はペンシルやポッパーのスイムテストをしてみることに。

 

2016081101

 

フォトフェスタではかなり大き目のペンシルやポッパーで釣果を上げている人もいるようだ。

が、

キビレの口のサイズに合う大きさとなると、やはり60~70mm、大きくても90mmまでが

妥当だと感じる。 

ペンシルかポッパーか、理想は「ペンシルポッパー」。

ポッパーのスプラッシュと、ペンシルのスラロームの「ペンシルポッパー」。

このカテゴリーのルアーは数少ない。

シャワーブローズやガニッシュ・チャギンスプークJrなどがそうだが、どれもキビレにはサイズが大きすぎる。

ダイワからチニングスカウターが出るようだが、これは期待できそうだ。

 

 

数あるチヌ用のトップ用プラグの中からスイムテストをして、だいたいルアーを絞り込む。

その飛距離やアクションを確認するが、淀川の場合、河口域と上流域では塩分濃度がかなり違う。

これで、ペンシルの浮き具合や姿勢もかなりの違いがでる。

水温20℃と30℃でもルアーの比重は変わってくる。

もう少し潜って欲しいとか、テールを下げてポーズして欲しいとか・・・。

 

場所によってルアーを自分の理想のアクションが出るように、鉛板を貼ったり、フックの番手を

換えたり、フェザーフックにしたりと、こまめのチューニングが必要になってくる。

大体のルアーが塩分濃度が濃い場所では、リアフックを1番手上げてみると理想の姿勢になる。

 

 

 

 

 最終選抜、ルアーはこの子達に絞り込んだ。期待しよう。

2016081103

 

ルアーはよしとして問題はタックル。

重い9ftのロッドを何とかしたい。

ということで淀川鱸特捜部の最軽量タックル「チータRRの86ML」を投入。

9ftのロッドでひたすらペンシルを操るのは腕にかなりの負担がくる。

8.6ftでも長いほうだが、普段10ft前後のロッドを振り回しているので、これはこれで快適だ。

メインラインもアーマードフロロ+の0.6号を、リーダーは12lbに変更する。

 

これで快適なトップ捜査が出来るだろう。多分。

 2016081102 

 

あとは雨が降って増水するのを待つのみ。

しかし週間天気予報は・・・sunsunsunsunsunsun

 

2016年7月30日 (土)

DETA!!  デタッ!!

2016072401

「DETA!!」、地元ルアーショップのキビレ&黒鯛をトッププラグで狙って楽しむ企画。

ポッパーかペンシルか、またはクレイジークローラーでもトップであれば何でもあり。

 

皆、思い入れのあるプラグで朝のまずめ時にひたすら投げ続けている。

 

自分のタックルは一番短いのが9ftのシーバスロッド。アクションはMLだが

これでペンシルの操作は非常に疲れる。

比較的引き抵抗のあるポッパーなら何とか楽しめるかもということで

ポッパーは Go Phish  のポッパーでCPSW64を選択する。

ベースはスミスのチャグポップだが、カラーをタケダ色、アクションを汽水域用に

チューニングされているようだ。

この選択は大正解で、8gしかないのに飛距離は出るし、風の強い場所でも

引き抵抗があるので使い勝手はいい。

横風のきつい淀川でも充分に楽しめる。

 

2016072508

問題はもう一つの選択でペンシル。

ポッパーのアクションは大雑把で構わないが、ペンシルのロッド操作はそれ用のロッドでないと

上手くアクションが出せない。

多くのアングラーがそれ用の7ft台のロッドで軽快にペンシルを操っているが、

9ftのシーバスロッドではそれが出来るペンシルは限られてくる。

ある程度重くて引き抵抗のあるペンシル。しかもチヌが反応してくる大きさで。

とりあえずスイムテストだけして、バスディのシュガペン95Fとダイワのソルトペンシル95Fをチョイスする。

 

 

2016072801
時合いは陽がの上ってきてから数時間くらいか。

狙いは淀川の広大なシャローの沖の瀬。

手前でも釣れない事はないが、沖の瀬の向こう側にはブレイクがあり、ちょうど潮目が出来る場所。

しかもイナっ子やボラの溜まり場所というか通り道になっているところ。

しかし風が強いとそこまでルアーが届かない。 

 

魚がルアーを追ってくれば、ルアーの後方になんらなの波紋が出るので分かりやすい。

でるか、でないか、でても乗らなかったり、再チェイスしたり、とにかくルアーから

目が離せなのがこの釣り。 

上手くいけば乗ってくれてその引きを楽しませてくれる。

 

 

 

 

DETA!!

2016072507
 

慣れた人は何匹でもヒットさせているが、時間と場所が限られた釣り、なかなか上手く

魚とは出会えない。

 

重くて長い9ftロッドでひたすらホッピングしてたら、近くのアングラーに笑いながら

「ショアのシャクリですね」って言われた。

確かにジグをシャクッているような動作だが、ロッドがこれしかないから仕方ない。

ま、これは沖の瀬へルアーを届けるアドバンテージとなるとして、

 

一番難易度の高いのがルールかも。

 

淀川でトップウォーターで釣るだけのことだが、フックが口から外れた写真はノーカウントになる。

付け替えなどの行為の排除のためだが、このルールが一番厳しいかも。

ズリアゲランディングしたらほぼフックは外れる。

ランディングネット必須かも。