2015年8月15日 (土)

沖堤にも魚はいてない

2015081502 

おそらくイナっ子かさらに小さなハクの群れ。

毎朝、夜明けと同時に神戸沖から淀川河口に向けて大群で移動してくる。

第一陣・第二陣と派手な動きはしないが、ぴちゃぴちゃと水面を賑わかせている。

が、これにつくフィッシュイーターは全く居らず。

サヨリやアジも足元に多く居るが、これものんびりと泳いでいる。

 

普通に考えれば明石あたりで釣れているツバスや青物がこれを追ってやってきてもいいのだが

全く平和なまま、潮の動いている時間帯は目の前を通過していく。

自分はベイトに依存した釣りはしないのでどうでもいいことなのだが、

魚からすれば、よっぽどボラは味がまずくて、いわしが旨いのかもしれない。

 

結局沖堤防の釣りは2週続けてノーバイト。

何らかのあたりでもあれば、集中力も続くのだが、バイトがないと夏の沖堤防は

風があっていくらかは涼しいが、体が持たないので撤収する。

 

 で、淀川で夏の癒し。

 

 

2015081501 

いつ産卵で海に降りていくのか分からないが、まだまだ楽しめるのが淀川黄鰭。 

シャローでよく引くターゲットとしては最高の魚。 

きっちり釣り人の要求と欲求を満たしてくれる。

 

 

2015年8月 4日 (火)

沖堤防に魚はいてる

2015080202 

真夏の沖堤防は日陰がないので、気温が上がるまでが勝負。

ブレードにデカサイズの鱸がヒットする。

 

 

毎年、夏の鱸捜査は山の中の清流と沖堤防を、行ったり来たりのパターンが多い。

それだけ湾奥は高水温で厳しいものがあるが、今年の淀川だけに関してはキビレフィーバーが

しばらく継続中なので、清流捜査の帰りに淀川キビレ、沖堤防捜査の帰りに淀川キビレの

パターンで楽しめるかも。

 

 

2015080203 

パワブレを丸呑み。ファイトはエラ洗い全くなし。

普通、鱸がヒットすると、魚は一気に浮上してエラ洗いをするが、

真夏の鱸は暑さで疲れてダルダルなのか、派手なファイトはしない。

 

小型のサイズも同じような感じでおとなしい。

 

真夏の釣りは足元のアスファルトも焼けて熱いので、魚は地べたには置けない。

2015080201

 

今回の沖堤ではワームメソッドも試してみた。

 

沖堤防のワームメソッドは、一般的にはマーズR32やアルカリ等の低波動のストレートワームの

ただ巻きかダートメソッドが一般的だが、ここは自分が今一番思いを持っている

ジャスターフィッシュのヒラヒラアクションメソッドで挑むが、壁際を攻めるも

沖の駆け上がりを攻めるも、ヒットは全くなし。

やはり鱸相手には、それ自体があまりアクションしないストレートワームの定速運動か

一定リズムのダートがいいのかもしれない。

 

2015080204

 

ヒットがあったのは岸ジギでの壁際でのフォールで2バイト、

ブレードでの沖の駆け上がりと流れのヨレでそれぞれ2バイトのみだった。

ジャスターフィッシュはジグヘッドとテキサスリグでのアクションは全く変わる。

基本ベストなのは、ノーシンカー状態のヒラウチ。

テキサスリグならウェイトがフリーになって、ちょうど小魚がヒラをうっている動きを

よく演出できる。

反対にシーバス用のキャスティング用ジグヘッドは、ジャスターフィッシュのヒラウチアクションを

全く消してしまうので、あまり効果はないように感じた。

それならR32などのストレートワームで構わないということになる。

か、ジャスターフィッシュのテールをカットしたストレートワームを試すか。

ま、ワームでの捜査はこれからシーズンオフまでは続くのだ。

 

 

 

2014年4月 6日 (日)

特捜ハネ最前線

2014040601 

この時期大阪湾では昔からハネ釣りが盛んに行われている。

主にエビの撒き釣りで釣られているが、ルアーへの反応は極端に悪い。

餌・ルアーともに釣れるのは小型のハネサイズばかりで、大型のスズキはほとんど釣れなくなる。

 

釣れる場所も港湾部でまとまって釣れるのだか、汽水域などの河川内にはまだまだ入ってこない。

2月3月には産卵明けの大型個体が一瞬だけ潮周りで戻ってくるのだが、

それもふた周りくらい。

その潮が終わるとぱたりと姿を消してしまう。

 

しばらくは、おそらく、梅雨明けまで小型サイズの魚と付き合うことになるだろう。

 

 

2014040602

フックサイズの小さなブレードでも一気に抜き上げれるサイズの魚が多い。

しばらくは港湾部の釣りなので、シャローミノーの出番はない。

ブレード、ジグ、ワーム、テッパン・・・

港湾の神戸ブランドのルアーが活躍する季節だ。

 

 

続きを読む »

2014年3月23日 (日)

春鱸特捜最前線~港湾部

 

2014032303

 

この日はゴールド系に反応がよかった。ブレードでテクトロしていると足元でヒット。

 

 

この前の大潮では大阪湾でも春鱸が釣れだしたようで、これから戻り鱸の釣りが楽しみだ。

 

一日だけ淀川に戻り鱸を狙いに浸かりに行ってみたが、一本ヒットしたものの

足元まで寄せてきたら、春のショートバイト、鼻先にフック一本だけかかっていたので

これは取り込みで絶対にバレルと思っていたらやっぱりバレテしまった。

ヒットルアーは「レイジー95S月光ホワイト」。やっぱりこのルアーは強い!。

こんどはレイジーのテールフックにサクラマス用のマルゼイゴアシストフックをセットしてみよう。

たぶん捕れると思う。

 

2014032301

この日は港湾部でディゲーム。

タックルを2本、ベイトとスピニングで足元と沖を釣り分ける。

足元で岸ジグには反応なかったが、パワブレのテクトロで壁際をスローに引くと数バイトあった。

ブレードはシルバー系とゴールド系をローテーションしてみる。

澄み潮だったがバイトがあったのはゴールド系のみ。

 

 

この時期はハネクラスが多いのだが、スズキサイズもヒットした。

 

2014032302 

これから夏にかけてはコンクリートも焼けてくるので、あまり魚をべったりと寝かせれないが

この時期は朝方ならまだ大丈夫。

写真だけ撮ってリリースする。

 

 

また今度の潮周りで潮位があえば淀川に浸かってみよう。

今シーズンの釣りはいい感じでスタートしている・・・。

 

 

 

 

続きを読む »

2013年11月17日 (日)

大潮の舞洲

2013111701

潮がよければ魚の活性は上向く。

舞洲でのちょい投げでブレードにハマチがヒットする。

 

 

 

大阪は海に面した街なのに、なぜか釣り竿を出せる場所が極端に少ない不思議な街。

「水の都大阪」なんてフレーズがあるが、水に気軽に親しめる、水に触れることのできる場所

はほとんどない。

  

公に護岸や堤防から釣りができる場所は海釣り公園くらいしかない。

この舞洲プロムナードも幅は狭いが、大阪で堂々とのんびりと釣りが楽しめる場所である。

 

 

2013111706

 

この時期は夕方から太刀魚狙いの電気浮きが並ぶが、夕まずめまでの時間帯はルアーで幅広くキャストして五目狙いが楽しめる。 

 

水深も沖合いで7~10m位あるのだろうか、ボトムはフラットだが手前10mあたりに護岸かなにかブレイクがあるようで、

そこではシーバスのヒットが何度かあった。

とりこみでバラシタがあまり遠投しなくても足元付近で充分つりは楽しめそうだ。

 

2013111702

 

太陽が傾いてきて海が夕日できれいに染まりだすと、お約束の太刀魚のヒットタイムになる。

これは釣れれば周りでもいっせいに釣れだす。

ファミリーで来ている子供のルアーによくヒットするのはとても参考になる。

大人のように一定速度で早巻きをするのではなく、リーリングもギクシャクと巻いたり止めたりの連続。

大してロングキャストもできないのに、ヒットするのはファミリーのルアーやワームが比較的多い。

 

要するに子供らの竿捌きには、いわゆるリフトアンドフォールや食わせの間などの最新釣方が盛りもまれているのだ。

 

 

 

2013111703


お隣さんはデカエソをヒット。

 

あちらこちらで太刀魚があがりだした。

 

潮位が高いとここのテラスは水没したり、船の通過で足元を大波が襲うので長靴がベターのようだ。

※注意!!!

(この日釣りをしていて後でわかったのだが、

釣り解放区は西端の狭いエリアでだけで


木のテラスのエリアは釣り禁止だった!

一番釣りやすい場所がだめとは・・・)

2013122504_2

 

今日の狙いは太刀魚、ハマチ、サゴシの予定だったが、サゴシはかからずで、

シーバスも取り込みまでいったが足元バラシ。

 

なんだかんだで潮がよければ五目狙いでいろいろ釣れる場所であるのは間違いない。

 

 

 

2013111705

 いつものパワブレはだいぶ塗装が丈夫になったが、それでも弱くて消耗品感覚。

 

アイアンプレートも同じで品質は他社のほうがいいかもしれない。

IPのテーリーングの多さには閉口する。

パワブレはリーダー直結でほぼテーリングは解決するが、この鉄板系はワイヤーアイではなくて

鉄板に直接穴を開けているのでエッジが立っていて、スナップを装着しないと

リーダーが切れてしまうので直結はできない。

 

小型のスナップでかなりテーリングは解消されるが、重力級の鉄板を常にフルキャストするので

小型では今まで伸びも経験したし強度的には問題がある。

大型のスナップでは引き抵抗がかなり上がるのでストレスがたまる。

一部ワイヤーアイの鉄板バイブも出ているので試すのもいいかもしれない。

 

コアマン製品の悪口になってしまったが、後発で多くのメーカーがプレードや

鉄板系をリリースするので、パワブレやIPも進化が必要なのかもしれない。

 

 

今後のコアマンに期待!

 

 

 

 

 

 

2013年9月23日 (月)

岸ジギ

2013091503_3 
台風の前に山の中の鱸捜査から今度は沖堤捜査に向かった。

持参するルアーは岸ジグ用のジグのみ。

ブレードやテッパンもなし。

岸ジグのカラーローテーションのみで午前中の捜査。

昼12時以降は暑くて沖堤にいてられない。 

 

岸壁にタイトにフォールさせるのが岸ジグだが、

もちろん沖にキャストすれば充分ショアジグ用ジグとして通用する。

足元に落とせばアコウにガシラがヒットする。

 

 

 

 

 

201309150

 

 


                    アコウ?

2013091502
 

 

 

 

岸ジグも沖にキャストすればツバスにサバにカマスに、これからは太刀魚がヒットする。

 

 

2013091504 

  

もちろんシーバスもヒット。 

 

シーバスは基本リアクションバイトのようだ。

魚が居ても同じ場所に何度もジグを落としてもバイトには至らない。

 

 

2013091505
 

この日は数バイトあったが大きいのは全てバラシ

 

チイサイズのを2匹だけキャッチする。

 

 

2013091506

 

 

 

 

2013年9月11日 (水)

市内河川釣査 二日目

20130909010

 

久しぶりにバリッドの速巻きででた一本。サイズもあがってきている。

 

清流リバーではほとんどやらないが、淀川や大阪の市内河川では「とりあえずバリッド」的な

バイブレーションのボトムズル速引きをよくする。

シャローフラットで狙いどころが全くなくて、とりあえずテンポよく手返しよく結果を早くのパターン。

そんなときはミノーを投げる前にいきなりバリッドでやり始めることも多い。

 

バリッドの速巻きは、基本、オープンシャローのフラットでボトムは砂か泥の場所、

広範囲に魚を探す方法で、魚が居ればリアクションで口を使う。

 

鱸は餌を追って喰うよりもどちらかといえば待ち構えて喰うタイプ。

ここ最近行ってる清流リバーでサイトでのバイトシーンを何十回と見ているが、

鱸は定位している自分の守範囲2m前後に近づいてきたものに、かなり素早い動きでバイトし、

そして元居た場所に素早く戻る。

自分の捕食範囲に入ってきた物に対して半分リアクションで口を使う(バイトする)のだ。

 

逆に言えば鱸の口の前2mにルアーを通せば、それに喰い付いてくれるってことだ。

 

20130909011

ミノーで1投してゆっくり巻いてる間に、バリッドなら2回から3回のキャスト&リトリーブをしている。

要はテンポよく効率的に魚をさがせるメソッドなのだ。答えが早い。

ま、それだけではないと思うが、そうなのだろう(笑)

 

 

おまけのクロダイ。ルアーはコモモ125F。

 

20130909012_2  

 

バリッドで鱸が釣れたのはいいが、コモモでクロダイがヒットするのはなんか逆のような。

バリッドでキビレやクロダイ、コモモで鱸ってのが普通なのに。

 

 

さあ、岸ジギいつ行く・・・・・

 

 

 

 

2012年11月12日 (月)

欲張りショアキャスティング

2012111102

パワブレでエソ。

この時期、大阪湾の外海に面したお気軽ポイントは、どこも多くの太刀魚狙いの

釣り人で満員御礼になる。

神戸空港、北公園、芦屋浜、南港、貝塚人工島、泉佐野沖テトラなどなど・・・、

どこに行っても人がびっしり。

夜明け前のまだ薄暗い時間帯から、電気ウキやワインドやバイブレーションなど

人それぞれのメソッドで攻めている。

 

狙いは、気軽に太刀魚、運よければツバスかハマチ、もっとよければメジロにブリ、

でも期待は海鱸、たまにサゴシにソウダカツオなど、

ブレードかバイブレーションかジグの何かを投げておけば何かが釣れる。

 

2012111101

たいていの釣り人はロッド一本で、自分のキャスティングメソッドで自分のお目当ての魚を狙っている。

でも同じ立ち居地で一本のロッドで正面向けてルアーローテーションだけで投げ続けるのは少しあきが来る。

ここは欲張りにロッド3本持って沖向き護岸に陣取る。

60gのジグをしゃくれる9.6ftのライトジギングロッド、リールは5000HG。

ブレードやバイブレーション、ミノープラグなど幅広くキャストできる9.6ftのシーバスロッド、リールは4000番

トップウォータープラグを心地よく操作できる9ftのシーバスロッド、これもリールは4000番。

これで何でも来い!と気合を入れて捜査を開始するが、

この日は喰い渋りが激しく周りの誰も何も取れていない様子、

たまにブレードにコツコツと何かが当たるので、何か居るとは感じていたが、

正体はエソでした。

 

 

 

2012年9月 1日 (土)

高水温湾奥朝ハネ特捜最前線

2012083001

午前中だけ湾奥でブレーディング。

高水温の大阪湾。水温29℃。

鱸は深みに落ちているのだろう。

明石海峡でボートから鱸の釣果が聞こえるのもこの時期。

きっとたくさんの鱸が集結しているに違いない。

 

ハネは高水温に強いのか、餌つりの釣果情報ではポツポツつれている。

 

2012083002

 

 

パワブレとアイアンプレート。どちらを選ぶかといえばパワブレ。

アイアンプレートはあまり自分に相性がよくない。

 

20120830

朝はね一本! 

 

 

2012年5月24日 (木)

大潮の干潮・・・金冠日食

2012052403

大潮の干潮のときにボトムの様子を目視で確認するのは

なにかカンニングをしているようで、少し後ろめたいような気もしないことはないが

それでも季節によって、潮位によって、刻々と変化するボトムの様子を確認するのは

釣りに行かない場所でもついついくせのようになっている。

 

自分はベイトを追わない釣りをしている。

場所優先の釣り。

鰯が入ったとかコノシロが居るとかで行く場所を決めない。

自分の気に入った場所でルアーを投げて釣ってみたい。

地形の変化と流れがあれば、しぜんと魚はつくはずなので

その場所にルアーを投げればいい。

そんな、場所(ロケーション)優先の楽しみ方をしているので、

釣りの基本はやっぱり

できれば毎日、海や川を見に行くのが大事なんだと思う。

できないけどね・・・(笑)

 

2012052404