2014年3月15日 (土)

サクラマス特捜最前線2014

2014030902 

 

久しぶりに銀鱗ボディーのサクラマスに出会えた。

 

解禁直後の川の水温はだいたい5~6℃くらい。

山には雪がたっぷりと積もってるので、例年5月までは雪代の影響で水温は低いまま。

ネオプレーンのウェーダーを履いているので水の冷たさは全く感じないが、

首周りは冷たい風が吹き抜けてかなり寒い。

でも、この時期に寒い川の中に浸かってルアーを投げるのはなぜか楽しい。

それは、一年に一匹、釣れるか釣れないかわからない相手だが、半分あきらめながら

ルアーを投げ続けていて、突然のヒットがあると釣れなかった分をふくめて

すべてが喜びに変わる釣りだから。

 

ま、いずれにせよ、今年の釣りシーズンがいい感じでスタートはできたと思う。

 

 

 

今年のテーマはスプーン。

飛距離も出てスローにも引けるしレンジコントロールもし易い。

ジグ同等の飛距離、ミノー並の泳ぎ、バイブレーション的ボトムの転がし釣り・・・

すべてを満たしている魔法のルアーなのに、雑誌などではなぜかトラウト用以外には

扱いは少ないし低い。

 

2014030901

 

 

ダイワのチヌークSはたいていの釣具屋においてあるし、重さもカラーも豊富なので

もっぱらこればっかり使っている。

重さも7gから10g、14g、17g、21g、25gとバリエーションも多い。

自分のタックルでは17gが一番使いやすい。

カラーはレーザーチヌークというレーザーホロが魚の反応がいいと感じる。

ロストしてしまったがピンクのレーザーサクラカラーが一番お勧め。

フックはテールにがまかつTR-22。赤の丸セイゴ針のダブル仕様。これがベスト。

 

 

 

今年はフレッシュウォーターはベイトタックルで挑む心構え。

 

2014030904

ベイトタックルは、小場所では扱いやすくて操作も楽しい。

軽いルアーは飛ばしにくいが、ウェイトのあるスプーンは手返し良くルアーを打ち込むのには

使いやすい。

もともと岸ジキからはじめたベイトタックルも、トップでのペンシルベイトの操作や

ビッグベイト用など、自分の釣りでも使用機会が増えてきた。

今年はソルトでスピニング、フレッシュでベイトという楽しみ方で通してみるか・・・。

 

 

 

 

続きを読む »

2013年5月11日 (土)

スプーンの可能性

2013051103

何処ででも手に入るスプーンはチヌーク。

重さもカラーもバリエーションは豊富。

その中でも特にレーザーチヌークが魚への反応が良い。

チヌークにはアワビ張り仕様もあるが、このピンクの櫻レーザーが魚への反応がいいかもしれない。

スプーンのメリットはその圧倒的な飛距離とスローに引いてベストのアクションをすること。

レンジもボトムから表層までコントロールしやすい。

バイブレーションも飛距離は出るが、早巻きしないとボトムをごつごつ叩いてしまう。

シュガーディープ風のディープダーバーミノーも手前半分ではボトムをごつごつとノックしてしまう。

サクラマスはボトム付近にいるので、ルアーを引くイメージはボトムから5センチから10センチあたりを

スローにしかもアピール強くそして、ボトムノックしないで長く引いてきたい。

自分は川ではテトラの上からはルアーを投げない。テトラに向かって対岸からルアーを投げる。

しかしサクラマスはテトラ際付近の最深部に潜んでいる。

いろいろな攻め方があるが、自分は対岸からテトラ際にルアーを投げ、

そのままボトムまで沈め、そこからボトムから10センチ上をスローに流れに乗せながら

ゆっくりと引いてきたい。

ディープダイバーをテトラ際に一気に沈めるのは難しい。

バイブレーションなら可能だが、一度ボトムについてしまうとそのままボトムズル引きになってします。

スプーンはそれらの問題点を簡単に解決してくれる。

流れの強さと水深によって、スプーンの重さと引く速さを変えてやれば、自分のイメージどおりに

ルアーを引いてこれる。

 

イメージどおりに引いてきたら、やっぱり一匹が喰らい付いてきた!

 

久しぶりのフレッシュウォーターでの魚との出会い!

 

 

 

2013051101

えっ!サクラマスじゃない!?

 

確かにサクラマスはエラ洗いはしない!

 

2013051102

まあ、レーザーチヌークの魚への反応のよさは実証できたし・・・。 

 

 

2013年3月24日 (日)

その日がついに・・・メーターオーバー捕獲

2013032502

つくしにネコヤナギに山桜、春は一歩一歩早足で近づいてきている。

 

戻り鱸にサクラマスに、いろいろな魚とで出会える季節がやってきた。

 

 

最近流行の細PEライン。

2013032503_2

メリットは風の影響が少ないので横風にめっぽう強く、風でラインが流れて

いやな思いをすることもなくストレスが少ない。

いつも使っているお手ごろ価格のPE1.2号と比べると、引き抵抗や水絡みなどは

さほど変わらない。

糸なりもそこそこする。

表面に塗られている緑の蛍光塗料は、新しくラインをスプールに巻く作業段階で

すでにガイドやローラーに剥がれ落ちている。

強度的には問題はないが、一回使用しただけで色落ちがして、ラインは薄黄緑色に変わっていた。

 

PEラインは毛羽立ちが見えた頃には、既に強度は半分以下になっていることだろうから、

2時間投げたら先端3mを結びかえるような使い方をすれば問題なく大型の魚ともやり取りできるだろう。

 

ま、自分がよく行く根掛かりの多いシャローエリアでは、やっぱりPEの1.2号か1.5号が安心してルアーを投げれる。

 

サクラマス用の90mmルアーを投げるのにはちょうどのスペック。

 

 

最近各メーカーからリリースされるワイドタイプのスナップ。

 

2013032501

元祖エバグリのE.Gワイドスナップにダイワから出たワイドタイプのクロスロックスナップ。

コアマンのこだわったスナップに、ガマカツのクイックタイプのワイドスナップ。

そしてアイマのパワフルスナップ。写真にはないがカルティバの耐力スナップ。

 

エバグリ1.5号も耐力1.5号も伸び経験をしている。

それからこだわりスナップも伸びた。耐力もこだわりも見るからに細くて、開閉回数が多くなると

どうして形状変化と強度低下を引き起こす。

 

強度的には一番のダイワのSW-スナップのワイドタイプも、昼間磯などでゴリゴリ抜き上げるような釣りにはいいかもしれないが、

夜に頻繁にルアーローテーションするような釣りには不向きだ。

待望の開閉作業のない音速スパップのワイドタイプも出たが、やっぱり夜なんかには

使いにくいと感じた。構造も複雑でごつくなるので、小さなリップの前に付く道具としては、リップにあたる水流を殺してしまうのでNGだと思う。

夜間でも簡単にルアーの着脱の出来るスナップはEGのワイドスナップだが、

これをさらにシンプル構造にして強度アップして使いやすくしたのが

アイマのパワフルスナップ。

夜間ライトなしでも指先感覚でスナップの着脱とその確認が出来る。

今お気に入り一番のスナップの登場に、これでワイドスナップ探しの旅に終止符を打ってくれた。

 

 

 

で、魚の動き出す季節、メーターオーバーの魚と出会えた。

 

長さも重さも測ってないが、結構なデカサイズ。

 

PE0.8号が下流方向へ延々と出て行く。止まらない。

 

メーターオーバーの魚を確信する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 えっ?鱸じゃない?

2013032504

 

2013年3月 4日 (月)

櫻鱒特捜最前線 開幕戦のお約束

2013030301

今年のファーストフィッシュは、お約束のニゴイにウグイ。でも今年の初めての魚にホッとする。

この日の水温はやや低め、前日の雨で濁りが入ってやや不利な条件。

夏の鱸釣りなら文句なしの増水気配なのだが、櫻鱒釣りには少し濁りがきつい。

朝からルアーローテーション、カラーローテーションを繰り返して

夕マズメにやっとヒットしたのは、お約束のウグイ。

思いの魚ではなかったが、黒金信者の自分が益々黒金確信者になってしまう。

シュマリーMD90 黒金

 

 

2013030302

RBBの新作タイタニュームウェーダー。

この前、大阪湾奥で同じRBBの5mmネオプレーンウェーダーで入水しているときに

カキガラか何かを蹴飛ばして、ブーツの先に穴が開いてしまい、見る見る靴下に冷たい水が染み込んできて、

危うくこの寒水中で下半身ずぶぬれになりかけたが、緊急脱出してなんとか難を逃れたのだが、

これを機会に新しくネオプレーンウェーダーを買い換えた。

 

これまでは同じRBBの5mm厚のネオプレーンタイプ。

真冬の冷水でも寒さが伝わらないので結構履き心地はよかった。

今度のタイタニューム素材は、薄手のクロロプレーンにチタン合金フィルムをラミネートしたもので

かなり薄めの素材だ。

これまでの5mmのネオプレーンのは生地自体が厚いので保温力は文句なしによいのだが

動きにくいのでロボットみたいな歩き方になってしまう。

ブーツも厚めなので足首の自由度は低く、地磯歩きなどはかなり疲れる。

モモ上げもしんどく、地磯からの帰りの登り坂などはかなりきつい。

寒空でじっと浸かっている釣りには使い勝手はよかった。

 

2013030303

今度のタイタニューム素材は薄くて軽い。バックル類も小型軽量化されている。

これまでの歩きにくかったぶ厚いブーツもかなり薄型化されている。

その分、冷たさ感をなくすためインナーブーツが採用されている。

履きやすさでは前作の5mm厚のタイプのほうが、靴を脱いでスポッと履けるのでよかったのだが、

今度のはインナーブーツを履く手間と、薄手の生地に足をねじ込んでいく履きにくさが少しストレスがたまる。

 

薄手の生地のために水圧がもろに足に伝わるので、冷感の具合も逆に強めに感じる。

このあたりは5mm厚生地タイプのほうが足と生地との間に空間が出来るので、冷感を遮断するにはよかった。

でも河原歩きや階段の登りなどは、ウエストハイのストッキングウェーダー並みの動きやすさでストレスはない。

 

ま、あとは耐久性ってとこですかね。

 

 

 

2011年2月 1日 (火)

サクラの準備

2011013104

 

そろそろサクラマスの季節。
 
2008年は解禁日に開始2時間でヒットした。
ルアーはシュガーミノー ドリフトトゥィッチャー(シルバー)

2009年も、開始早々ヒットするが、取り込みでツルッと手元が滑って
ナチュラルリリース。
その後4月にようやく小型のサクラマスをかろうじてゲット。

2010年はヒットが全くなし。なぜかウグイとニゴイの猛攻に合う。
というか、2月からの淀川戻鱸ウェーディングにどっぷりはまっていた。

 
さて、2011年はどんな年になるのであろうか。
 
 
 
 
今年のテーマは
 
 

 
スプーンと

 
 

2011013102
 


 
 

 
 
バイブレーション
 
 
2011013103
 
 
絶対的な飛距離と流れに負けずボトムを取りやすいこと。
 
50mm~70mmでシルエットを小さく
 
しかし飛距離を稼げる。
 
出番はもうすぐだが、

 
 
ちょっとこの大雪どうなってんの!!!
 

 




2010年3月29日 (月)

サクラ咲くか

2010032801  
冷たかった川の水もだんだん緩んできて、今日の水温は10℃。
 
これまで居なかったウグイや鯉もうようよ湧いてきた。
 
 
朝7時から川に浸かってルアーを投げる。

ひたすら投げる。1時間、2時間投げる。
 
しかし全くアタリなし。 
 
体が冷えてきたので、暖まるためにいったん上がって、車で釣具屋に向かう。
 
 
お店の中では、誰かが釣り上げたサクラマスの魚拓をとっている最中だった。
 
となりの川での釣果らしい。

となりの川では、自分も2年前に1本サクラマスを上げているが、川幅が小さく、
 
どうしてもエントリーの競争率も高くなる。
 
小さい川のほうが狙う場所も絞りやすく釣りやすいのだが、人が多いのは嫌なので、

今の誰もいない貸切で遊べる川を選んでいる。
 

 
釣具屋で情報収集をして、昼ご飯を食べて、再び川の中に戻る。
 
 
陽が傾いてきて、ウグイのライズも始まってきたので、そろそろかとサクラマスの
 
ヒットを期待する。

 

ルアーはシュマリ MD90F 黒金

 

シュガーミノーシリーズよりもよく飛ぶのでかなりのお気に入り。 

 

時間もないのでひたすら投げる。 

投げる

投げる

投げる

投げる

 

 

「ゴンッ!」・・・ ヒットーー!

 

釣れた! 

 

 

 


 
 

2010032803

ウグイだった  
 
 
引きが弱いのでそんなもんだと感じていたが、その通りだった。
 
 
気を取り直して再び投げ続ける。
 
 

 

投げる

投げる

投げる

投げる

 

 

 

 

 

「ゴンッ!」・・・ ヒットーー!

 

釣れた!おもい!こんどこそ! 

 

 

 
 

 
2010032804
こんどもウグイだった。サイズはでかいが・・・。

しかしこのウグイ、顔の形が変形している。

 

体型はウグイだが、そうではないのか? 
 

2010032805

奇形のか、傷の後なのかわからないが、とにかく変。

とりあえずリリースして、再び投げ始める。

 

 

 

投げる

投げる

投げる

投げる

 

 

 

 

 

「ゴゴゴンッ!」・・・ ヒットーー!

 

水中でヘッドシェイク!。引きも重い!。

 

大きな銀鱗の魚体が右に左に走る。 

 

今度こそは・・・ 

 

 

 

 

 

 

2010032802

ビーフリに腹ボテのウグイ。

 

こいつは足元に来るまで、疑わずサクラと確信していたのに。
 

 

 
2010032806
 

頭隠したらサクラマスに見えないこともない?  ないよね?

 

次頑張ります。

 

 

 

 

 

 

2009年4月21日 (火)

桜鱒特捜最前線 完結編

S01

やっとキャッチできた今年のサクラマス。小型のサクラマス。

 

サクラマスには2種類のタイプのがいて

体長50~70センチに成長するのがデカサクラマス、体長40~50センチくらいまでなのが小型サクラマス。

小型のサクラマスは短期降海型らしく、オホーツクまでは行かず河口でうろうろしてすぐに戻って来るようだ。

「戻りサクラマス」とも言われているのかな。

今回のは小型のサクラマス。体長は40センチ強。

小型だか力強くよく引いてくれる。

 

 

ルアーは、解禁初日にヒットしてタッチまで持ち込んだあの「悟空88S」のピンクシルバー。

 

S02

ディープダイバー系が多いサクラマスルアーだが、自分は水深の浅いシャロー側から深い側にルアーを投げるので

どちらかといえば足元まできっちり潜るルアーよりも、引くほどに浮き上がってくるルアーのほうが使いやすい。

悟空の88Sは、スローで引くと全く泳がないが、逆に流れの早い場所では、ちょうどいい感じにブリブリ泳いでくれる。

清流リバーの瀬の流れ込みではこれがちょうどいい。

 

S03

デカサクラマスではないが、今シーズンもこの銀色の魚体を拝めることができてとても嬉しい。

 

予言者の勘は見事に当たったて、雨で増水した川の水がやや引いて濁りも取れたタイミングでヒットした。

サクラマスの活性の上がるパターンのようだ。

 

 

 

一昨年は、清流リバーでシーバスを狙っていてミノールアーにシロサケがヒットした。

 

S04

75センチ、こちらのほうは本物のトラウトパワーでめちゃくちゃ引いた。

そのときはシーバス釣りを始めたばかりで、入門タックルで、

掛かったシロサケが一気に十メートル横に走るかと思えば、急にラインテンションがなくなり

ラインを巻き取ってもスカスカで、「バラシタ」かと思ったが、実は自分のほうに向かって走っていて、巻取りが追いつかなかった。

かと思えば一気に沖に向かって走ったりと、わけの分からない走りだった。

が無事ずり上げまでできた。(捕獲は禁止ね)

 

 

運良く3年続けてマス類の魚と出会えることが出来た。

このまま本流ヤマメでも狙いに行きたいところだが、この四月から仕事も生活も一変して

これまでのようにあっちこっちに出かけることは難しくなった。

とりあえず地磯もサクラマスも清流リバーもしばらくはお休みになる。

 

今度はいつ釣りに出かけれるのか全く予測できないが、ま、この2年弱たくさんの魚に出会えてとても幸せだった。

大自然のめぐりに感謝感謝。

 

 

 

2009年4月10日 (金)

フレッシュウォーター大好き

ウグイもだんだんと鮮やかに色づいて・・・

Rig01

サクラマス狙いではルアーはいつもシュガーミノーのドリフトトゥィチャーの90サイズをよく使っているが、

今日は気分転換にジップベイツのリッジ90Fを試してみた。

このルアー、キャストに関してはサイズの割りにぶっ飛びで文句なし。泳ぎもレンジもちょうどいい感じ。

これなら同じボディーで海水仕様のザブラミノー90Fもシーバス狙いにはちょうどいいかも。

 

Rig03

狙いはもちろんサクラマスなのだが、水温が上がってきてウグイの活性も上がって、

「ドンッ!」と強めのバイトをするのは大抵ウグイ。

 

この日はやや水位の下がった瀬の流れ込みに、しつこくリッジを流し込んでいると、流芯で

 

 

「グンッ!」

 

と、力強いバイト有り!

 

グイグイ首を振るし、引きも重いのでウグイではないのは分かる。

鯉の擦れがかりでもない。

水中で「グイングイン」暴れている様子が分かる。

 

 

「これは間違いなくサクラマス!」

 

これまでの経験からそう分かる。 

とにかくばれないようにラインテンションを緩めないようにゆっくり強引に引き寄せる。

 

「どうかばれないでほしい」

 

だんだん足元まで近寄せてきて岸にずりあげ体制に入る。

 

 

 「ここで大きくジャンプ一発!」

 

 

なんとかばれないで耐えている。

 

 

 「でも?今のって?エラ荒い?」

 

 

 

Rig04

かかったのはなんとシーバスだった。

 

サイズは50弱だが今シーズンはじめての清流リーバーシーバスだ。

水温も上がって清流リバーシーバスも開幕したってことか。

水温も見ると14℃。

ボラは早くから上がってきているが、今年シーバスがあがってきたのを確認したのははじめて。

いよいよそういう季節なんですか。 

 

Rig06

シーバスがここまで上がってくる水温となると、サクラマスはもう少し上流に行っているかもしれない。

もう少しポイントを上流に上げてみよう。

しかしサクラマス釣行も今回でとりあえず休止。しばらく通えない状態が続く。

ていうか、磯もサーフもそれぞれあと一回程度しか行け無くなる。

この4月で仕事も生活もこれまでと環境ががらりと変わってしまう。

サクラマスもヒラマサもチャンスはあと一回くらいかもしれなし。

 

さあ、どうなる、淀川鱸・・・。

 

 

2009年3月31日 (火)

ウグイ狙いで

Sa01

菜の花は満開、桜の花もボチボチ、サクラマスはまだまだつぼみ硬し。

最近は主目的の魚が釣れないスパイラルに入った様な感じ。

スズキ狙いではサゴシが

青物狙いではアイナメが

サクラマス狙いではウグイが、釣れる。

 

じゃあ、本気でウグイを狙いに行くとどうなるのか。多分ウグイが釣れるんだろう。

ウグイは昼間は石の陰や底付近で何をするでもなくユラユラ泳いでいる。

餌を探すでもなくただヒラヒラ銀鱗をちらつかせている。

しかし、陽が落ちる寸前に一斉にライズが始まる。食餌しているのかどうかは分からないが、

活性が異常に高くなる。

ルアーにも反応がいい。フックが口にかかっているので、いちおう食餌しているのだろう。

 

で、やっぱり予定通りにウグイがヒットする。

Sa02

ピンク色のルアーを試してみたかったので、悟空88Sのピンクバックをセレクトした。ピンク色で釣れたかはどうかよく分からない。

よく見るとウグイも赤味が少し出てきている。そんな季節なのか・・・。

 

浅瀬を歩いていると目的外の魚に遭遇した。

Sa03

大きさは50センチ台のサクラマス。

 

「釣った!」って大きな声で言いたいのだが、瀬尻の底で息絶えていた。

死後硬直状態でまだ腐敗はしていない。

たぶん前日に誰かが釣ったものだと思われる。

蘇生できなかったのか、リリースしたが弱っていたのか分からないが、

なんとも悲しい感じがした。

目の前でトンビの餌になるのもイヤなので、そのまま川の流れに乗せて流してやった。

 

今度は元気なサクラマスと出会えるかな?

 

 

2009年3月12日 (木)

どうしたものかなー

Sa01

まだ解禁が開けて10日ほどしかたっていないが、

今年のサクラマスはあまりいい話を聞かない。

解禁初日は、まあまあの釣果が出るものだが、釣れたという話は現地でも釣具屋でも聞かない。

まだこれからなのか、それとも、もう上流に上ってしまったのか、

それならさらに上流を狙えばいいのか、

そうなると本流アマゴでも狙ってみてもいいかなと、もんもんとしている。

 

 

サクラマス用のミノーもいろいろあるが、どうして、ああも潜るタイプのばかりなのか。

ボトムをコツコツと探るから?足元まで泳がせるから?。

でもロストも気になるのであまり大胆に使えない。

 

シーバス用のシャローミノーとシンキングミノーも飛距離と泳ぎのよさで結構使える。

サスケSS-95 SF-95 ショアラインR40 悟空88Sなんてぴったり。

 

 

夕暮れが迫ってきて、「ガツッ」っとあたりがあっても

手ごたえは、やっぱり「あいつか」と、お決まりのウグイのヒット。

 

でも、このおちょぼ口で、がっちりフック三本が口の中ってのもおかしい。

 

 

Sa02

次は狙いの魚がかかってほしいところ・・・