« 引き続き河川秋鱸 バイブレーション捜査 | メイン | バイブレーション河川捜査 これでラストになるのか。 »

2016年11月 5日 (土)

まだまだ 河川秋鱸 バイブレーション捜査

2016110202

バイブレーションでのデイ捜査を継続する。

少しだけサイズは上がったが、それでもあのまん丸と肥えた秋鱸ではない。

 

この時期河川に入ってくる鱸はみな活性が高く、とにかく餌を食べることしか考えていない感じだ。

昼間でも警戒心が薄いのか、目の前で結構派手にベイトを追い回したり、

着水したルアーを奪い取って行ったり、とにかく魚のいる近くにルアーが入ればヒットしてくれる。

 

使うルアーはバイブレーション。

バイブレーションは手返しよくポイントを攻められる。

清流の早瀬などで表層を流し込んでやる釣りを除けば、鱸のルアー釣りはバイブレーション

1個あれば成立するとも思えるくらい使い勝手がいいルアーだと思う。

風が強くても流れが強くても、思いの場所に飛ばして思いのレンジを引ける。

迷ったら手っ取り早くバイブレーションを使う。そんな万能ルアーかも。

 

2016110102  

とりあえず使い勝手のいいバイブレーションは5種類。

レンジバイブの70ESの15g。

70のSという10gのバージョンもあるようだ。あとタングステンの20g。

自分の場合基準になるバイブレーションは70ES。適度な飛距離と引き抵抗が使いやすい。

 

それから、ボリュームのあるシルエットでザブラバイブ80の20g。これも25gバージョンがあるが、

使いやすさで20g。

 

あと使い慣れたバリッド70と70H。シャローの速引きで使いやすい。

 

それからラトルインのバイブでLV-300とLV-500、それとT/N70。

どれも飛距離と引き抵抗がちょうどいい。

 

2016110201  

タックルベリーで300円のお買い得ルアーLV-300R。

ラトル音はシャラシャラと高めのサウンド。

最近はこのLV-300Rの出番が多い。飛距離も潜り具合も引き抵抗も程度良く、弾数も豊富。

 

 

2016110204  

レンジバイブ70ES。

このバイブレーションも、飛距離・潜り具合・引き抵抗が程度良くて、弾数も豊富。

シルクミラージュカラーはパールホワイトよりも白の発色がいいのでお気に入り。

 

2016110203  

T/N70のアウトメタルはボトムコンタクトしてもボディーが磨り減らないのでいい。

ラトル音はカラカラとこれも高めのサウンド。

これも飛距離・潜り具合・引き抵抗が程度良くて使い勝手がいい。

 

この日はロッドをMLの柔らかいアクションので通したので、バラシはかなり減ったかと思う。

 

この時期10月後半から11月前半は、全国のどのエリアでも鱸の活性が高い。

おそらく一年で一番高いのではないだろうか。

条件としては河川の水温が15℃あたりの汽水域で、潮周りは大潮。

どこのエリアでもどこのブログでも多くの魚の姿を見かける。

相変わらずメーカーやテスターは、このルアーだから釣れたとか、このタックルでキャッチできたとか風の

広告宣伝が多くなるが、そこは魚から喰ってきてくれていることを感謝しなければならないと思う。

 

河川捜査はまだまだ続く・・・。

 

 

 

 

 

コメント

はじめまして、いつも楽しく拝見さしていただいております。
すごい釣果ですね、私も某清流に通ってますが今年はなかなかタイミングが
合わず、ブリブリの鱸とは出会えていません。
そんな中すごい釣果ですね。土曜日の深夜、出撃しましたが河口でマゴチ1匹で
おわりました。

みのおさん、はじめまして、こんにちは

この季節は魚の活性がとても高いので、たまたまです。
たくさん釣るのがいいとかはまったくありませんよ。
楽しみ方、そう楽しみ方です。
ご自身の思い描いた釣り方で魚と出会えればそれでいいのではないですか?
それが年に一尾であっても、
一尾と出会うまでのプロセスと釣り方を楽しめばいいと思います。
それが釣りの醍醐味で、たくさん釣って変顔ブツ持ちしているのは別の遊びだと
思います。
それではいい釣りを楽しんでください。

こんばんは。

釣れますね・・・。バイブの事はようわかりませんが、最近ミノーの遠投錘音がどうたらいう話もよくききます。サクラでもバイブ使われだして久しいですが、あっという間にスレるそうです。やっぱ両刃的なものなんかも知れませんね。

今では自分の心身の状態にまであわさぬといかん(これまた工夫で何とかなるものですし違う視点ができます)ですが、次の大潮まわりは勝負してみます。

ま、なんじゃかんじゃいっても その気 に魚がなりそれをみつけにゃいけませんね。ルアーがどうたらいう前に適する気候、それに合わせて活性があがる魚が一番大事で感謝せにゃいかん、というのは同感です。次回、グラマラスな奴期待しています。でけたら私もひとつ欲しいです。ではでは。

しーばすおじさんさん、こんばんは

バイブレーションはスレルのが早いといわれますが、
考えかたとして、バイブレーションはテンポ良く探れるので
結果がでるのが早いともいえると思います。
釣れる魚を先に釣っていく、当たりが止まったら次へ行って、
しばらく場を寝かせてまた戻ってくる。
そんな感じででね。

コメントを投稿