« 河川鱸捜査 落ち鮎パターンはいまだ・・・ | メイン | まだまだ 河川秋鱸 バイブレーション捜査 »

2016年11月 1日 (火)

引き続き河川秋鱸 バイブレーション捜査

2016103004_2

少し大きな個体も出てきたが、それでもあのまん丸と肥えた魚体の秋鱸はまだまだお目にかかれない。

前回に引き続き河川捜査をするのだが、使うルアーはバイブレーション。

デイであることでリアクションで喰わすのが一番の方法で、それが出来るルアーはバイブレーションになる。

前回は手持ちのバイブレーションがLVシリーズとT/Nシリーズだけしかなく、ラトル音で誘って

喰わす釣りは出来たと思う。

しかしラトル有りのルアーは同じ場所を何度か通すと確実に見切られてしまうので、

代わりにラトル音のないバイブレーションを投げれたなら、もう少し拾える魚は上がっていたかもしれない。

 

と言うことで、今回はバイブレーションの持ち弾を増やしての捜査である。

 

2016103003

 

前回のように魚のサイズが小さいと、ルアーが外掛かりする確率が増えるのでバラシも増えるが、

魚の口のサイズが大きくなると、バイブレーションはサイズが小さいこともあり、鱸の口の中に納まりやすい。

ヒット感から、おそらくルアーが着水して、ヒラヒラとフォールしている最中に下からパクッと飲み込むのであろう。

 

2016103001

 

今回はLVシリーズの500R・300Rを用意。

LVシリーズもほかのルアーと同様に、素材にボーン素材を使ったり、ラトルの材質を変えたり、

バリエーションは多い。

タックルベリーでも中古の品数は多く、定期的に店を覗くと、結構安い買い物ができたりする。

河川の捜査は水深も浅いのでもっぱらLV-300Rの出番になるが、それでも飛距離とレンジが必要となれば

500の出番は多い。

 

LVともう一つ使いやすいのがT/Nシリーズ。

ルアーを選ぶ基準は、入手のしやすさと価格、それと大事なのが、デザインだと思う。

すぐに廃盤になってしまうのも困りものだし、高いルアーでボトムを引くのはためらわれる。

好きなデザインで好きなカラーで魚が釣れる時ほどうれしいものはない。

T/Nシリーズはサイズも豊富でメインの70と60があれば河川の捜査は事足りる。

 2016103002

 

釣れるには釣れてくるのだが、思っている秋鱸の個体ではないものがほとんどだ。

あのまんまると肥えた秋鱸はやはり夜にしか出てこないのだろうか。

それか、この群れとは違う場所にまとまっているのだろうか。

 

色々なことを考えながらラトルバイブを引いていると、さすがにスレてきたのかあたりがなくなった。

こんな時は場を休ませるか、ルアーを違う波動のものにローテーションするかのどちらかだ。

とりあえず、今日の持ち弾のノンラトルバイブでレンジバイブ70ESに代えてみる。 

 

  

 

2016103006

 

するとまた魚からのコンタクトが出始めた。

 

レンジバイブはサイズも色々あるが、基準サイズは70だと思う。

80サイズでもありかもしれないが、ルアーは小さいに越したことはないので70を、

90、100はもうサイズが大きすぎて、よほどのディープエリアを捜査するのにはいいかもしれない。

大きくなればエビ反りの確率も高くなってくる。

流通量もカラーも一番多いのが70だと思う。

 

2016103005 

この日も足元ヒットで即バラシが多かったが、何匹かの秋鱸と出会えた。

ただ狙っている個体ではない感じで、今釣れているのは河川内に居ついている個体だと思う。

今海から上がってきたあの銀ピカ個体とは少し違う。

 

秋鱸を求めて捜査は続く…

 

 

 

 

コメント

おはよう御座います。
そんなパターンもあるんですね。
知りませんでした。
少し前にディで小型がBC-26で連発したことがあります。同じかも?

この時期にホームに人が溢れるのはズルいとは思いませんが、最低限のマナーは守って欲しいですね。
地元の常連さんがこぼしていました。

ふうさん、こんにちは

少し水深があればバイブレーションが有効かと思います。昼間はとくに。
やはり増水と濁りでしょうね、これさえあればデカイのも警戒心なく上がって来るんですけたね

おひさしぶりです。

別に河原や磯でずっこけて人事不省になっていなのではありません(笑)昨秋からの貧血は薬に胃腸をやられ未だ完治せず、冬にはじまった近所の河川改修でイヤちゅう程に砂塵を連続で浴びせられアレルギー悪化。よって夏はおとなしくしていました。

工事を見るに思う。あんなやり方では、河川床が土砂に時とともに埋まり川が死ぬなあ・・と。そして掘り返した川は半年で元通り。いったい何をしてくれたのか・・。税金がもったいない。


それでも秋の気配にいてもたってもいられず動きだしましたが、梅雨の少雨、降ればドカ雨、10月の少雨等、HGは異常な高水温。今年はどうも様子がおかしい。やや回復の兆しはあるものの半月、3週間遅れているような感じ。遅れてたからといってそれなりに事が進まぬのが釣りかも知れませぬ。

ここにきたらグラマラスなランカーをいやちゅうほど見せられるのでは・・・と思っていましたが、淀川鱸氏にしてもこうか・・とやや安堵と落胆。こういう気候が常態になるという学者先生もおられますが、これから日本や釣りはどうなるのやら・・。

→ふうさん

お久しぶりです。先日、ある所で青物が出だしたので覗いてきましたが、明るいうちはノマセの竿を等間隔で4,5本を出して人の気配を感じると怖い顔で睨む人、暗くなったらタチの電気浮きが左右から斜めに飛んできて釣り以前の問題でした・・。これまた釣りの世界はどうなるんでしょうね・・。

適当な雨と次の潮回りに期待します。ではまた。

しーばすおじさん、こんばんは。
こちらも夏風邪から貧血になり、どこか出血しているとのことで胃、大腸検査をしたが、異常なし。知らんまに治りました。何だったのでしょうね(笑)
今年は鮎が少なく、不調ですが、釣っている人は釣っているみたいです。
遠征の人で溢れかえっています(笑)
我が物顔でドボンドボンやるので魚が寄って来ない。
好調ならそれでも釣れるけれど誰もいないところで静かにやるほうがいい状況です。

こんばんは。

シーバス類は、ここには絶対いない といえる場所の方が少ない位だと思います。昔のHGは秋の満潮時で旧コモモ(コモモは初代が絶対いい!)が腹するシャローでしたが、一回釣行当り≒1.5匹、ランカー4割りでした。十数年、人にあわなかったです。昔、ある湖の管理人にいわれました。釣りたきゃ人のいないところへ行きなさいと・・。金言ですね。好不調があるのは当たり前だし、自然は時々刻々変化するので、釣れぬ釣りにならぬと嘆くより探索あるのみですね。

→ふうさん

私の貧血はシックハウスアレルギー対策で数年飲み続けた健康茶に含まれるタンニンが食物の鉄分を吸収してしまった上、体内貯蔵された鉄分も使い果たした珍しいケースでした。タンニンは緑茶、止瀉用胃腸薬、紅茶、ウーロン等にも大量に含まれているし、コーヒーのクロロゲン酸も同じ働きをします。身近なものに多く含まれます。健康のためのお茶ブームですが、体調によりマイナスになるケースもあるような感じです。ご参考まで。


しーばすおじさんさん、こんにちは

グラマラスなランカーは次の次にアップします。でてますよ!プチ爆発!

シーバスおじさんも、体の調子をよくしてフィールドに出れたらいいですね。
「今年はどうも様子がおかしい」、その通りだと思います。
しかし気候も地形もどんどん変化していくものです。
現状に合わせた釣りをフィールドで試行錯誤する、それでいいのではないでしょうか。
過去の釣れパターンを頼りにしないで、今の状況に合わせたパターンを探していく。
そのためにも皆さん体を大事にするのが一番ですよね。
無理すると転げて落ちて命を落とします。
体調BESTで望みましょう。

コメントを投稿