« 淀川秋鱸捜査 そろそろ月明かりが気になる・・・ | メイン | 満月澄み潮の淀川捜査 »

2016年10月19日 (水)

河川秋鱸捜査

6016101704

河川の秋鱸捜査を継続している。

おそらくこれから大型の個体が入ってくると思われるが、現状まだまだサイズは小さく

60サイズがアベレージの日が続いている。

ただし魚体は銀ピカできれいな魚体ばかりである。

 

基本、川にいる鱸は流れのよれのボトム付近でステイして、上流から流れてくる小魚などを下から喰い上げてくる捕食パターンだと思う。

クリアウォーターでサイトの釣りが多く、大型鱸がバイトする瞬間は数多く見ているが、

ほとんどがそんな感じで、ボトムからフワッと現れて捕食する、そうであった。

 

6016101701

グースやコモモのテールフックを外したダブルフック仕様は、思ったよりも好調でメリットが多く、

まず大きめの番手のフックを装備できること、刺さりの良いがまかつトレブルにしておけば

刺さりもいいし、針先のもちもいい、そしてアクションはテール部が軽いので、

スローで引いてもうねうね泳いでくれることなど、いいことずくめだ。

何回かに一度はキャスト後にバランスを崩して失速するがほぼ標準と変わらない飛距離が出ている。

 

6016101703

とりあえずグースを投げてけば、小さいサイズはどんどん拾ってきてくれる感じだ。

グースで表層流しとラトル音に魚がすれたら、少しレンジと波動をかえてやって

F-VMを流し込む。

デカくはないが引きの強いトルクフルな引きはこの時期の魚の特徴だ。

 

鱸は同じ程度の大きさの個体が群れとなって、あるタイミングで遡上してくる。

先週は超デカサイズの釣果があったようなので、おそらくその群れはもう落ちてしまったものと

思われる。

 

6016101702

地元有利の法則で、毎日通える地元アングラーはうらやましい。

いつかはそこに拠点を構えて釣りを毎日楽しむ日々が来れば幸せなのだが・・・。

 

コメント

こんばんは。
淀川って地元じゃないんですかね(笑)
最近はよい日に限り、用があって行けないことが多い。
勤め人じゃないないのにままならない。

ふうさんこんにちは

そうですね(笑)淀川はホームのはずです(笑)
でも、隣の芝生は群青色に見えるんですよ。

先日の雨で少しだけやりましたが中型サイズのみでした。
満月が煌々と照ってましたから、多分次の新月の大潮が期待できるんではないでしょうか。
いつでもスクランブル発進できるようにしてます(笑)

僕も淀川がホームだったような…もう何ヶ月も行ってません(笑)

夜間走れば母の実家から20分なのに片道1時間20分。
この時期は移住したいですね(笑)

先週そんな良いのが釣れたんですか??
僕は超デカサイズをバラしました。ヌートリア級にデカかったです。。。

もりぞーさん、こんばんは

釣れるときは大きいサイズのが何匹か釣れてますね。
多分ある程度の群れで入ってきて、すぐに降りて行くのだと思います。
だから情報が出たときはもう遅いんです。
情報を真っ先に一人で捜しに行って釣るのがこの遊びの醍醐味だと思います。

コメントを投稿