« 2016年5月 | メイン | 2016年7月 »

2016年6月の記事

2016年6月27日 (月)

夜の雨の淀川は釣り人少なし、濁りが入れば活性高し

キビレも40センチサイズになると、その引きはランカー鱸と同じくらいのトルクがある。

2016062605

 

この濁りが入って魚の活性がいいときに、キビレにいっぱい相手してもらう。

そしてワームのリグをいろいろ試してみる。

 

相変わらずキビレへの反応がいいジャスターフィッシュとジャスターシャッド。

他のワームを試していないので比較は出来ないが、感じるのは魚への反応がかなりいいということ。

これは間違いない事実だと思う。

今はキビレ狙いでこのワームを試しているが、これまで海の魚には平目やマゴチや根魚など

多くの魚に出会えてきている。 

 

 

2016062303

 

まん丸と太った40サイズのキビレ。これが釣れれば本当に楽しい。

なかなか浮いてこないのがまた楽しい。

 

2016062302

 

30センチ台でも引きの強さは70サイズの鱸以上。

たまにジャンプするやつもいたりするので楽しい。

 

 

2016062304

 

20センチサイズでも、水面に上がってくるまでは「これはデカイ!」と思わせる引きの強さ。

 

2016062305

 

何度でもワームを追ってくれるのが鱸との違いか。

バイトしたポイントに、何度か同じコースでワームを投げると、きっちり食ってくれる。

 

 

2016062301

 

濁りがあれば昼間でもルアーを追ってくるが、濁りがなければ夜に分がある。

時合いはやはり朝と夕。

 

 

2016062306

 

ワームのカラーは良く分からないが、高活性のキビレには何でもいいかもしれない。

黒と赤・オレンジ系がいいとされているがよく分からない。

 

2016062601

 

ジャスターフィッシュも4.5インチサイズだとフックサイズも3/0サイズになるので、

キビレの口へのフックへの乗りが悪い。

そんなときは3.5インチにサイズを落として、フックサイズも#1か1/0に付け替えてやるといい。

 

2016062607

濁りがきついと日中ずっと活性が高いまま。でもチイサイズが多く40サイズは喰ってこない。

40サイズが動き出すのはやはり夕方の時合い。

 

2016062603 
鱸にききそうなカラーのスモークシャイナーは4.5インチにはラインナップされず、

3.5サイズのみ。

あとソルトカラーも出して欲しい。

 

2016062604

淡水カラーでいいなと思う色は、コアユとブルーギル。

 

濁りが入って魚の活性がいい今週の淀川。しばらく続きそうな感じ。

 

でも、本命の鱸が喰ってこない。いないのか狙いが違うのか・・・。

淀川鱸特捜部の捜査は続く。

 

 

 

2016年6月23日 (木)

淀川鱸 久しぶりに大型サイズ 上げ潮の釣り

2016161201_2

 

久しぶりに大型の淀川鱸と出会えた。80少しぐらいか。

ジャスターフィッシュ4.5のテキサスリグのボトムバンピングでの釣果。

 

思えば自分の釣りは鱸狙いの場合、約8割は河川がらみの釣りになる。

河川となると流れが必要で、中上流なら雨による増水と濁りが、潮止めより下流なら下げ潮での

下げの流れをまず考える。

これは河川に入っている鱸が、流れが効きだすと捕食の活性が上がるからで、それにあわせて

ピンポイントにルアーを流し込めば、食い気のある魚が比較的釣り安いから。

 

で、この何年か自分の釣りスタイルが下げ潮オンリーになっている。

「下げだしたから行こ」とか、「もうすぐ下げ止まりだからそれにあわせよう」とか。

 

で、ルアーの選択もそれにあわせて、流れに乗せて流し込むフローティングミノー系の使用が多い。

流れのヨレにスタンバイしている鱸の顔の前に流し込んでやれば、あとは喰ってくれる感じだ。

 

ルアーの選択のことはここでは置いといて次にして、

問題は上げ潮時の釣行。

河口のサーフや12月の大型鱸パターンなどでは上げ潮で魚が入ってくるのを実感する。

淀川やその周辺の河川ではどうだろうか。

下げ止まりからの上げ始めでは、時合い的に釣れたことはあるが、上げだしてきてはほとんどない。

行かないから釣れないのもあるが・・・。

 

 

でも淀川でも上げで鱸がさしてくる場所がきっとあるはず。そう思い気になる場所へエントリーした。

 

 

 

2016161202

この場所は昼間テッパンやバイブレーションを早巻きしてもボラのスレ掛かりくらいしか

魚からのコンタクトはない場所だ。

ゴロタも混じる場所なので、キビレ半分、鱸半分の狙い方で攻めてみる。

ボトムでゴロタの根掛り対策で、ルアーはジャスターフィッシュ4.5のテキサスリグで、

キビレ狙いは底ズル引きで、鱸はボトムに付かないレンジでスイミングさせる感じ。

そんなに水深はないがバイブレーションならロッドを立てて早巻きしないといけないような浅さ。

時刻は21時で上げは5分くらい。ヒットポイントは結構岸際のゴロタ沖。

ちょうど今、沖からさしてきた感じの鱸。サイズはランカーサイズ。

ワームでボトムを意識した今まででないヒットパターン。

 

六月によく聞く超大型鱸の釣果情報。

それは河川上流ではなく、河口周りの比較的塩分濃度の濃いエリア。

これは釣れない5・6・7月のヒットパターンのヒントかもしれない。

淀川特捜部の試行錯誤捜査は続く。

 

 

 

2016年6月19日 (日)

濁りが入れば昼間でも喰ってくる

2016061803

最近完全にはまっているキビレゲーム。 

昼間でも濁りが入ればワームをガシガシ喰ってくる。

 

鱸もそうだが川に濁りが入ると、キビレの捕食活性は常にスイッチ入りっぱなしのようだ。

ただし、キビレがついているポイントは濁りがあろうがなかろうが、昼でも夜でも

大体同じ場所にいるので、ポイントを外すとバイトは少ない。

 

今回感じたのは雨で川が増水して濁りが入れば、川のキビレは活性が上がるが、

海のキビレは活性が落ちるのではということ。

2016062006 

よく渡船屋の一文字の釣果情報で、「水潮が入ってだめ・・・」ってのがあるが、

海水を好む個体は濁りを嫌い、淡水を好む個体は増水と濁りを好むのではないだろうか。

この日はいつもは反応がいい海側のポイントでノーバイト、淀川内の淡水エリアでバイト多数だった。

 

おそらく鱸と同じで、海水派と淡水派の2種類のキビレが存在するのだろうと思う。

 

 

 

2016062005 

使うワームは一つに決め手いろいろ試すのが特捜部のやりかた。

ジャスターフィッシュ、こればっかり。今はキビレ狙いでこれを使っているが、

目的は本命の鱸狙いの決め手となりうる可能性が大なワームと感じるからだ。

ジャスターフィッシュはどちらかといえばスイムベイト。

テッパンとブレードは別にして、鱸狙いでメインで使うミノーやシンペン、バイブレーションと

あともう一つの決め手となるルアー、それがジャスターフィッシュではと感じるものがある。

キャストして泳がせて漂わせてが出来る、しかもゴロタや根回りを根掛りを心配せずに

じっくり攻めれる。そんなルアー。

 

 

2016062003

きっちりキビレを狙おうと思えば、他のワームやボンボン系のルアーのほうが口にあっていると思うが、

ワームがはじめての自分にとっては、扱いやすくて分かりやすくて、

個体数が多くて喰う気満々のキビレでこのワームを試すことは、経験値も情報量も増えるし、

鱸や平目・マゴチ狙いに、なにかコツかヒントが見つかるのでは、という思う。

 

 

 

2016062001

キビレ相手のデイゲームで、

シンカーやジグヘッドの重さ別の沈む速さや、ワームのスイムアクションを魚相手に確認して、

それが鱸狙いのワームとして確立できれば言うことない。

  

2016062002

 

この日は40センチが1枚、30センチが1枚、20センチが何枚か釣れた。 

40センチクラスになるとその引きは強く、なかなか浮いてこない魚体が、

首振りしながら右左に走るのをやり取りするのはとても楽しい。

 

2016062007 

 

しばらくはこの淀川黄鰭にじっくり相手してもらおう。

 

2016062008

 

2016年6月16日 (木)

夜明けからキビレの時合い

2016161303

前回は日没の時合い狙いで、陽が沈んでから21時までの釣行だった。

陽が沈むと急にキビレの活性が高くなって、ワームにガツガツ喰いついてくる。

それと同様に夜明けのタイミングでも活性は高くなる、はず。

 

 

 

今回は夜明け前から昼前の釣行の予定だった。

夜明けといっても最近の夜明けは4時頃から東の空が明るくなってくる。

青物の釣行であればそれにあわせて頑張って起床するが、逆に近場となるとどうしても

寝過ごしてしまうのはいつものこと。

家を出たのは7時前だった。

 

潮は小潮でだらだらと下げが続く。

前回の釣行で新しく発見したキビレの鉱脈。そのキビレの付く場所を明るくなってから

まずは今流行のトップで狙う。

使うペンシルはファットサム、サミー、ダミービーなど。

ドッグウォークでやる気のあるキビレを誘い出すが、ルアーの後ろでモワッと何かは出るが

バイトまでは至らない。

おそらく90mmのペンシルはサイズが大きいのだろう。

9ftのシーバスロッドなので、それより小さなペンシルは操作しづらいものがあので仕方ない。

 

トップでは反応しなかったが、やはりボトムのワームにはよく反応する。

  

2016161301_2
今回も使うワームはジャスターフィッシュ。

ワームはエビでもカニでもフナ虫でもなく、やっぱり小魚系がいい。

狙うキビレの鉱脈はゴロタの向こう側なので、リグはオフセットフックでテキサスリグ。

澄み潮で、相手は目がいいキビレなのでワームのカラーを頻繁に換えてみるが

活性が高いと何でも喰ってくる感じがする。色による偏食は感じなかった。

朝の時合いを確かめたいのが今回の目的だが、陽が高くなってだいたい9時頃までは

バイトが続いた。

 
  


2016161302

 

昼間の釣りは本当に楽しい。

魚の水中のファイトが目の当たりに出来る。

キビレは引きも強くてアングラーを楽しませてくれる。

欲を言えばマチヌが混ざってくれればいいが、それはもう少し塩分濃度の濃いエリアを

選ぶしかないか。 

 

2016年6月12日 (日)

日没からキビレの時合い

2016161101

日没から9時くらいまでがキビレの活性が急に上がる時間帯だ。

それまで誰もいなかった淀川の河原だが、釣り人の数も一気に上がる。

 

昼間に潮の引いた淀川を見て歩くと、足元のゴロタ周りやテトラの間に

キビレの群れが見受けられる。

昼間でも岸際に居てるのはいてるのだが、捕食の活性が低いのかなかなかルアーに

反応してくれない。

警戒心も強く、人の姿を見たらスーッと沖に逃げていく。

 

 

それが陽が傾いて日没をむかえると、だんだんとルアーを追い始める。

最初はショートバイトだが、だんだんと「ガツガツ」・「ガガガ・・・」とチェイスしてバイトしだす。

 

2016161102

キビレは引きも強くて、活性がよければルアーにもバンバン反応してくれるので楽しいターゲットだ。

しかも捕食の時合いが分かりやすいのと、いる場所が明確なのがいい。

夜明けと日没、この前後数時間はキビレの食事タイムのようだ。 

 

食いが立ってくるとワンキャストワンヒットの状態が続く。

10匹釣ればそのサイズの割合は、手のひらサイズが5枚、30センチが3枚、

40センチは2枚くらいだろうか。

 

2016161104

キビレと黒鯛の特集誌が出ていた。内容は非常に濃いし読んでて楽しい。

すぐに釣りに行きたくなる。で、行ってみた。

 

2016161103

ワームの種類は他に試していないが、今いろいろ使っているのはジャスターベイトシリーズ。

鱸狙いでジャスターフィッシュの4.5サイズを使うが、

キビレの口には3.5サイズがベスト。4.5の場合長さがあるのでワームだけ引っ張っていかれて

フッキングの確立が下がる。

ワームの種類はクロー・グ゙ラブ・ストレートなどいろいろ種類があるが、時合いがくれば

色やサイズ関係なく、何でも喰ってくれるのではないだろうか。

 

それとキビレが着く場所はある程度決まっていること。

そして何匹かの群れでいること。

この場所と時合いさえ外さなければ楽しい釣りが出来るかも。

 

 

 

 

 

 

2016年6月 8日 (水)

ワームの選択  GETNET ジャスターフィッシュ

2016060501
シーバス用ワームの多くはシャッドテールかピンテールか、ジグヘッドに装着して

まっすぐ一定層を泳がすコンセプトのものが多い。

マーズのR32のようなストレートボディーかアルカリシャッドのような尾びれ波動タイプか

大きく2種類が存在する。

それをロッド操作によってワインドとかダートとかで、ジグヘッドを左右にアクションさせたりもする。

 

 

ジャスターフィッシュはフラットボディー。このボディーのおかげで、少しのロッド操作で、

見事な平打ちをしてくれる。

それにともなってフィッシュテールを小刻みに振って小魚とそっくりの動きをする。

これに近い形のワームは存在するが、この動きはジャスターフィッシュが唯一無二のものだと思う。

 

2016060502

普段使うときは根掛り対策で、オフセットフックを使ってテキサスリグでの使用が多いが、

この前の清流鱸のときは水深もあったのでジグヘッドに装着して流芯に流し込んだ。

時期はまさに稚鮎の遡上のタイミングなので、カラーもそれらしくコアユカラーを選んだが、

どクリアな透明の水の中で、鱸もこのワームは稚鮎と疑わずに口を使ったのかも知れない。

 

2016060505

ワーム自体のスイムバランスはオフセットフックでもジグヘッドでもマス針でも

それぞれ超ベイトライクな動きをしてくれる。

自分はワームの使用はゴロタ狙いやボトム攻略の一手として使っているので、

オフセットフックをセットして、キャスティングで飛距離もいるので、タングステンのシンカーを

使ったテキサスリグがメインである。

 

でもこのワームで一番いいのはノーシンカーでの平打ちなので、そんなときは飛距離を出すために

ネイルシンカーを埋め込むが、それようにスイムバランスを崩さない位置に

ネイルシンカーの差込穴が腹側に設置されている。

 

2016060506

多くのワームのパッケージングが、その品質維持のためにヌルヌルの保存液に浸してあったり

魚介系フレーバーオイルを練りこんであったりして、臭いもべたつきもひどくてストレスが半端ではない。

 

しかし、ジャスターシリーズのワームには臭いもべたつきもないので、自分好みのワームでもある。

 

 

 

2016052904


出来ればソルトカラーがラインナップされればいいのだが・・・。

ま、なくてもガシラやアコウはがんがん喰ってくる。

 

 

2016060507

 

 

 

 

 

 

 

2016年6月 3日 (金)

少しだけ清流リバーで捜査

2016060303

少し渇水気味の清流リバー。70センチくらいのきれいな川鱸が一本だけヒットする。

ルアーはジャスターフィッシュ4.5のジグヘッドリグ。カラーはコアユ。

 

鮎も解禁になって釣り人も一気に増えた。

鮎師がひしめく瀬まわりより上流の、川鱸の居る水深のある流れ込みにルアーを投げる。

 

真昼間でクリアな水なのでプラグだと見切られることが多いが、

リアルベイト風のジャスターフィッシュには、警戒心の強い川鱸もおもわず口を使った感じだ。

 

2016060302

渇水気味だが、鮎のほうも遡上の量も多いようで、まあまあの釣果が上がっている。

 

鮎のサイズもまだまだ小さいので、ルアーもジョイクロではなく、ジャスターフィッシュの4.5をセレクト。

いつもはオフセットフックをセットしてテキサスリグでボトムを跳ねさせるように使っているが、

この場所は川の水流に流れれていくコアユっぽく演じさせたいので、ジグヘッドリグで

スイムさせてて流し込んでいく。

 

2016060301 

こんな超クリアな清流に海の魚が潜んでいるのも不思議だ。

一つのルアーに照準を絞って鱸の捜査を行う特捜部だが、

ここしばらくはワームでの捜査が続いている。ワームはジャスターフィッシュ。

このワームについてはまた今度まとめて書いてみたい思う。