コンタクト

  • メールアドレス:

1行紹介

淀川で鱸の出会いを求めて夜な夜な徘徊中(笑)

紹介文

沖堤やテトラでの釣りよりも、サーフやリバーでの釣りが大好き。
自分は釣り師ではなく自然ウォッチャートして魚と触れ合っているだけ。だからブツ持ちも変顔もやりませんし、爆釣爆釣と騒いだり、魚相手に競技も宴会もやりません。
自然の中でそっと魚と出会いたい。
狙って釣ったなんて、してやったり的な言葉も大嫌い。自然の巡りの中で魚が偶然に会いにやってきて、たまたま出会えた的な楽しみ方をしています。
そう、魚がそこにやって来たから出逢えたというような。

興味のあること

ブラックバスやブルーギルのいない昔の自然な琵琶湖に戻したい。 過去に日本人が犯してしまった、外来魚の放流という事実。環境テロとも言うべきあやまち。日本の生態系へのダメージは計り知れない。 私たちがやらなければならないことは、 私たちが誤って広めてしまった外来魚を、 私たちが後世に向かって駆除し続けることであろう。 昔の自然な日本の生態系を取り戻すように努力することだろう。 水辺にいちばん近いところにいる釣りびとが、それを率先してすることだろう。